2014年11月03日

福岡・長浜市場近くの居酒屋「魚のまるた」で玄界灘の海鮮と岩手の銘酒を堪能


しばらくぶりの更新になりますが、皆様お元気にお過ごしのことと思います。


さて、本ブログはワインがメインなのですが、今回ワインは出てきません。
主役は玄界灘の魚介類です。


爺が福岡の地で生活を始めてから早半年以上になりましたが、食に関しては
まだまだ驚くことが多い毎日を過ごしております。

素晴らしい食材と、その素材の良さを生かしつつ、より美味しく食べてもらおうと
技を磨く料理人がこの地にもたくさんいます。
そんな「作品」とも言える料理とその作者である料理人たちとの出会いは、
本当に興奮するものです。

今回ご紹介するのは居酒屋
爺が当地で今まで訪問した数多くの居酒屋の中でも
トップクラスにランク付けできるお店です。


日本国内には居酒屋がそこら中にありますが、福岡にも非常に多くの居酒屋が
ありまして、だいたい普通の居酒屋の相場は飲み放題付きコースが
3500〜5000円程度とリーズナブルです。

中には3000円飲み放題付きというのもありますが、それでも決して
学生相手の手を抜いた内容ではなく、十分に満足できるものです。

要は、福岡の居酒屋にはレベルの差こそあれ、「ハズレの店」は無いと言っても
過言では無いくらいに全体的なレベルが高いと思います。


その店「魚のまるた」と私の出会いは、平日のランチで訪れたことでした。
爺は「地下鉄空港線赤坂駅」の近辺に勤務しているのですが、お店の場所は
爺の勤務するオフィスから長浜市場に向かって北に少し歩いたところ。
九州ラーメンの本家との説もある「元祖長浜ラーメン」もその近くです。

メインの通りからちょっと入った住宅街の合間にあるので
しばらく気がつかなかったのですが、ある時前を通りかかって
たまたま入ったランチのクオリティがあまりに高いのに驚いたことがきっかけで
通い始めた次第です。
(注:2014年10月現在、ランチは休止中)

ご主人は東京の荻窪にある寿司屋で修行をされていた方で、
まだ若いですが料理の技もいろいろお持ちですし、味付けにセンスを感じます。

店内はカウンターが6席、4人掛けテーブル席が3箇所です。
奥の部屋のテーブル席2席をつなげて8人までの宴会も可能です。
夜はコースでもアラカルトでもいけますが、少人数ならアラカルト、
大人数なら店主お任せのコースがおススメでしょう。

コースの内容はその日の仕入れによって違います。
長浜市場は玄界灘を中心とした魚市場で九州一の規模を誇っており、
東京で言えば築地市場のようなところです。
そのすぐ近所ですから、仕入れに関しては地の利があります。


既に何度もお邪魔しているのですが、ある日の内容の一部をご案内しましょう。

まず、スターターに旬の魚の刺し盛が供されます。
これだけでも素晴らしい。


IMG_3638.JPG


続いて「海老とサトイモの揚げ物
何の変哲も無いビジュアルですが、これも絶品。


IMG_3641.JPG


そして「マジャクの唐揚げ


IMG_3604.JPG


私はこちらに来て初めて「マジャク」なるものを知りましたが、
シャコの一種で別名アナジャコともいうようです。
シャコと同じく丸ごと食べられて、食感はソフトシェルクラブの海老版
といったような印象です。
美味しくてかなり気に入りました。


ちなみに別の日に行った時に供されたのがこちら、「カナトフグの唐揚げ
内臓をきれいに取り除いた身の部分だけを唐揚げにしているので、
そのままガブリとイケます。非常に贅沢な気分になります


IMG_3640.JPG


次は「荒巻き貝」、これも関東では食べたことの無い貝です。
和風ムール貝といったところでしょうか。
しっかり仕事がしてあります。


IMG_3606.JPG


アカムツの煮付け。


IMG_3609.JPG


私は、こちらのご主人の煮付け技術はかなり高いと思っています。

関東から来た人の中には、九州の濃くて甘い醤油がだめだという方もいますが、
こちらの煮付けは関東風にあっさりと炊き上げており
誰の口にも合うバランスの良い味になっています。



この他に、締めの食事として寿司などがついてきます。

いつも、締めを迎える頃になると飲みすぎてヘロヘロになっているため、
写真を撮り忘れてしまい載せることができませんが、どのお皿もしっかりと
仕事がしてあって、満足度はとても高いものがあります。

このコースに飲み放題がついて、なんと5000円ぽっきりです。


こちらで飲めるお酒は、基本日本酒か焼酎で、中でもお店の一押しは
この岩手県盛岡の銘酒「あさ開(あさびらき)です。


IMG_3644.JPG


全国新酒鑑評会で唯一の12年連続金賞受賞中のお酒とのことで、
すっきりとして淡麗、魚介類にはとても合います。

ワインの持ち込みもOKしてもらっているので、その日の気分や相手によって
日本酒を楽しんだり、泡や白を持ち込んだり、といろいろな楽しみ方ができる
のも有り難いことです。


外観はこんな感じです。

IMG_3813.JPG


こちらのお店は今年の5月に開業したばかりとのことで、「ぐるなび」さんや
「たべログ」さんでもまだあまり情報が出ていませんが、
まだ30代のご主人はいろいろと試行錯誤されて店を切り盛りしています。

最近お邪魔した時には「何を食べても飲んでもお一人様上限5000円
というキャンペーンをやっていて驚きました。凄過ぎます・・。


こういったお店に頑張って長く続けて欲しいので、応援したいものですね。

県外の方も福岡出張の際、ローコストに美味い魚が食べたいと思ったら
是非お立ち寄りください。

(ただし既に人気店になりつつあるので、行かれる前には電話で席の確認を
されることをお勧めします)



魚のまるた (月曜定休)

福岡県福岡市中央区舞鶴3-2-21 ストリームライン舞鶴 1F

092-725-4025



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 博多・ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする