2017年03月19日

2016 シャンパーニュ・ブルゴーニュ訪問記録 (その2・ブルゴーニュ)


< 皆さま、すみません、バタついていたのでまたしばらく更新をしておりませんでした >

昨2016年11月に訪問した、シャンパーニュ、ブルゴーニュの紀行です。


シャンパーニュのメゾンを訪問した翌日は、宿泊したシャンパーニュ南端の
バール市を出てひたすら南下し、シャブリからブルゴーニュに入りました。

地図で見るとシャンパーニュとブルゴーニュは近いようにも感じますが、
シャンパーニュ南端のバールからブルゴーニュ北端のシャブリまで
車で高速道を飛ばしても1時間以上かかります。やはり結構遠いんですね。

IMG_0252.JPG


車窓からの風景の中にしばらくブドウ畑が見られなくなってしばらくすると、
またまたブドウ畑が広がり始め、シャブリの街中へと入っていきます。

シャブリでの訪問先は1か所だけ。
インテグリティで今までも少量を輸入していたドメーヌ・ベッソンです。


1.ドメーヌ・ベッソン

IMG_0264.JPG


こちらの特徴は、美人で有名な店主の娘さん・・・ではなくて(もちろんそれも重要ですが)、
シャブリの特急畑(グランクリュ)、一級畑の中でも良い位置にある畑を複数所有しており、
どの畑のブドウも高品質との評価があるところです。

非常に整然とした醸造施設も見せてもらいました。

IMG_0302.JPG


施設が整然としていると出来上がるワインもクリアな印象になるような
気になるのが不思議です。

実際に試飲してみたところ、1er以上はどれもシャブリとは思えないほどの
凝縮感とパワーを感じました。

特にグランクリュのレ・クロ1erのモンドミリュが素晴らしかったです。

          <実物は更に美しい当主のお嬢さん/ワインの説明も的確です>
IMG_0291.JPG

            

さて、ベッソンを後にして、またひたすら南下してディジョンの街のショッピングモールで昼食。
(それも、時間が無くデリでクロックムッシュとコーヒーだけ)

IMG_0327.JPG



そして、いよいよコートドニュイに入りました。
ニュイでは、まず北から二番目の村フィサンで目当てのドメーヌを訪問します。


2.ドメーヌ・ジョリエ (クロ・ド・ラ・ペリエール


IMG_0345.JPG

モノポール(単一所有畑)のクロ・ド・ラ・ペリエールという赤と白の
ワインを造っているドメーヌですが、古く12世紀にシトー派の修道士によって
開墾された畑で、建物はその当時のものです。

内部には数百年間使われてきた搾汁機が、まだ保存されています。

IMG_0363.JPG


19世紀に現在の当主家のものになり、さらに今の当主が親戚兄弟から
権利を買い取って完全所有にしたそうです。


IMG_0404.JPG

石造りのエントランスから砂利道の道を通って建物の前に到着すると、
建物の横にはブドウ畑が広大に広がっていました。

天候が小雨交じりで霧がかかっていたので、幻想的な眺めでした。

IMG_0330.JPG


畑には収穫されなかったブドウの房がまだたくさん残っていたので、
許可をいただいて、いくつか食べてみました。

生食用のブドウとはだいぶ違う味わいですが、美味しくて幸福な気分になりました。
種も噛んでみるとカリッとしていて香ばしく、いつか何かのワインの授業で
「完熟したブドウは種までおいしい」と習ったことが、まさに実感できました。

IMG_0339.JPG


こちらのクロ・ド・ラ・ペリエールは、何度かグランクリュへの昇格を申請
しているとのことで、18世紀ころまではジュブレシャンベルタンや
ヴォーヌロマネの特級畑と同格として扱われていた畑とのことでした。

試飲は、直近のヴィンテージから5年ほど遡る形式で各年のワインを
味わうことができました。
どれも素晴らしいものでしたが、私は2010年と2014年が特に良いように感じました。

このワインは本当に素晴らしく、インテグリティでもすでに輸入を開始しています。

フィサンという、ニュイにありながらあまりメジャーではないアベラシオンゆえ、
品質と価格のバランスが全く合っておらず(要するに激安ということです)、
本当に素晴らしく、お勧めのワインです。

ご興味のある方はインテグリティまでお問い合わせください。


ジョリエを後にしてから、数件の数件のドメーヌを訪問しましたが、
その間、有名な「グランクリュ街道」を走って素晴らしい畑を
見学させてもらいました。


               「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ

IMG_0424.JPG


                「シャンベルタン

IMG_0435.JPG


               「クロ・ド・ラ・ロシュ

IMG_0440.JPG


                「クロ・ブラン・ド・ヴージョ

IMG_0443.JPG


               「ヴージョ城

IMG_0450.JPG



そして極め付けの・・・

                    「ロマネ・コンティ

IMG_0453.JPG

IMG_0455.JPG

晴れた日の写真はよく見かけるのですが、この日はあいにくの雨でかなり靄のかかった画像になりました。
帰国してからよく見てみたら、雰囲気があって良い画像でした。なかなか気に入りました!


               「ラ・グラン・ド・リュ

IMG_0478.JPG


ワイン好きとしては興奮しまくりの場所です。

グランクリュの畑は、畑全体から言葉では言い表せない「オーラ」
のようなものを感じます。

修道士の時代からの長い畑の歴史と、そこから造られるワインを取り巻く人間達が
今まで繰り広げてきた幾多のドラマ、それこそ「業」のようなものを
全て内包しているからなのでしょう。


興奮し過ぎて疲れました(笑)。

続きます。



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村



posted by 煩悩爺 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。