2019年06月15日

DRC, Romanee Saint Vivian 86 を中心としたファイルワインを愉しむ会 @綱町


本ブログもなかなか更新できないうちに、気が付けば時代は令和に代わっておりました。

ご無沙汰しております。
この間、爺が何をやっていたかと申しますと、それなりにチャラい道を歩むことなく、
真面目にワイン道を過ごしておりました。

すなわち、昨年から復帰したWSET Diploma受験の世界にどっぷりはまってしまい、
初戦のUnit1はかろうじて通過したものの
その後華々しい成果を挙げることなく鬱鬱とした毎日を送っていたのでした。

爺なんて名のる年齢でのチャレンジはやっぱり浅はかだったかと考えつつも、
不本意ながら、タイトルの「煩悩」とは真逆の方向性に向かっています。。。。。
人生、矛盾に満ち溢れていますね。


そんな中、爺にとっては久しぶりにちょっと背伸びして、アッパーなワインを飲む会
企画・開催しましたので、ご報告などさせていただきます。

勉強に没入するさなか、重い腰を上げて企画したのはDRCを中心とした
ファインワインを愉しむ会です。

場所は、当ブログではおなじみの綱町三井倶楽部
実はこちらの地下セラーには、DRCやボルドーのトップシャトーをはじめとする
お宝ワインがたくさん眠っており、比較的リーズナブルな値段で提供してもらえます。


時代が令和に代わって間もない新緑の5月某日、
ごく少人数の昔からのワイン仲間にお付き合いいただき、
綱町セラー蔵のファインワインを中心に、贅沢な時間を過ごしました。

4バラとドンペリ.JPG
スターターの泡は、夕暮れの庭園でのDom Perignon 2004、
このシャンパーニュには今まで裏切られたことがありません。
今回もまた、素晴らしい味わいでした。
3庭のバラ2.JPG
ちょうど15年、フレッシュな酸とコケティッシュなフルーツの中に、
熟成香が共存するいい状態です。
薔薇が咲き乱れる庭園の夕暮れに最高にマッチした一杯目でした。

5本館.JPG
夕暮れ時の綱町三井倶楽部の本館、
我々は新館の方にいたのですが、本館の方ではある企業のパーティーがあったようで、
西洋人の方々がたくさん来ていました。

1座席配置.JPG
ディナーに合わせたラインナップは、

-Salon 1999,
-Colton Charlemagne GC 2011, Bonneau du Martray
-Montrachet GC 1988, Albert Bichot
-Cote-Rotie 2011, Jean Michel Gerine
-Romanee Saint Vivian 1986, DRC
-Bourgogne Rouge Domaine Leroy 1999
-Chateau d’Yquem 1996

5サロン99.JPG
サロン99を久しぶりに開けました。

リリースされた時に数本買って拙宅の1階でほぼ常温熟成(放置?)させていたものですが、
前回2012年に開けた時に比べてはるかに成熟していて、楽しませてくれました。
抜栓してから時間の経過とともにどんどん開いていくのがわかり、いたく感動しました。

オードブル 鶏胸肉のサラダ仕立てトンナートソース
6前菜.JPG

白いんげん豆のスープ

ここで、3種の極上シャルドネがテーブルに並びます。
サロン99、コルトンシャルルマーニュGC2011、モンラッシェGC1988
このスープには、コルシャルがベストマッチングでした。
7スープ.JPG

長崎産真鯛のポワレ ブールブランソース
バターベースのソースには、予想通りモンラッシェがベストマッチでした。
もともとグランドメニューは別のソースだったのですが、
いつもお世話になっている椎名シニアソムリエと事前に相談させていただき
ワインに合わせてお料理もアレンジしてもらいました。
8魚料理.JPG

アルベールビショーのMontrachet GC 1988も綱町セラーからのものです。
ネゴシアンとして、最近かつての高評価を取り戻しつつある名門の造り手です。
熟成が進み、複雑性に加えて心地よいシェリー香のニュアンスも感じられました。
8モンラッシェ.JPG

仔牛のロースト 赤ワインソース
DRCのRSV(Romanee Saint Viviant )86に行く前に、
肉料理と共に少し若いコートロティ(2011)を合わせましたが、
子牛にはエレガントで華やかなコートロティがとても合いました。
9肉料理.JPG

そして、本日の主役であるRomanee Saint Viviant 1986, DRC

綱町三井倶楽部のスタッフが現地で直接買い付けてきたものだそうで、
なんとボトル裏の輸入者シールには「輸入者:綱町三井倶楽部」との記載。
以来ずっと地下セラーで静かに眠っていたものです。
滅多にDRCなど飲めない私ですが、この日のRSV1986は感動的に素晴らしいものでした。
10DRCRSV86.JPG

複雑で幾重にも重なる果実香と共にキノコやナッツ、レザーなどの
芳しい熟成香が立ち上り、香りだけでも相当なもの。
グラスに顔を近づけてアロマを嗅いだ途端に、”こりゃ凄い!”と感じたほどです。

口に含むと、まだフレッシュな果実も感じながら心地良い酸とよく溶け込んだ絹のようなタンニン
凝縮した完熟果実の完璧なバランスと、出汁感のある深い味わいから続く長過ぎる余韻
脳幹を刺激される感覚がありました。
雑味は皆無、とにかくチャーミングでいて妖艶な色気もあります。
こんな風にワインに対してW色っぽいWと感じたのは初めてです。

今回の企画は、綱町のワインリストの中に記載されていたこのワインを選んだところから
始まったのですが、当日を迎えるまでは期待と共に、
古いものだから壊れていたりピークを過ぎているのでは、と心の片隅でずっと心配していました。

王冠ロマネコンティを取り囲む宝石たち」と例えられる5つのグランクリュ畑の中では、
RSVの畑は「最も繊細で最も早く熟する」と言われているので、もしや・・と。

しかし、そんな事前の心配は見事に裏切られました。
DRCに対するワイン業界からの評価が、十分に納得できる素晴らしいワインでした。

12デザート.JPG
デザートのスイーツは、イケム96と共に。

イケム.JPG

イケムは23年経ってちょうど飲み頃を迎えており、
とがったところが全くない上品な味わいを楽しめました。
それだけでも、デザートと一緒でも、余韻が長いのに
舌の上の甘味はスッと消えていく不思議な感覚を味わえました。
貴腐ワインは普段あまり飲まないのですが、やはり凄いです。

13lineup.JPG

今回は9人で8本、

1. Dom Perignon 2004
2. Salon 1999,
3. Colton Charlemagne GC 2011, Bonneau du Martray
4. Montrachet GC 1988, Albert Bichot
5. Cote-Rotie 2011, Jean Michel Gerine
6. Romanee Saint Vivian 1986, DRC
7. Bourgogne Rouge Domaine Leroy 1999
8. Chateau d’Yquem 1996

倶楽部所蔵ワイン2本(DRCとBichot)の他は拙宅セラーからの供出ワインでした。
ほぼ原価とはいえそれなりのお値段になりますから、
私にとっては清水の舞台どころか屋根の上まで登って飛び降りるくらいの気持ちでしたが、
幸運なことに全てのワインが良い状態で、素晴らしい体験が出来ました。

意外にも、1999年の Domaine Leroy のBourgogne Rouge
かなり良い評価だったことを付け加えます。
ルロワ (1).JPG

また、試しに「澱(おり sediment)」だけになったRSV86のボトルに
ルロワのBourgogne Rougeを注ぎ入れてみて、
それを飲んでみたところ、これがビックリ
Bourgogne Rougeが一瞬にしてRSV(の香り)になってしまいました

DRCの澱恐るべし、です。

DipWSET(U5,U6)の試験を6月中旬に控えた受験生としては
そんなことやってる場合じゃないだろ、と言われそうですが、
美味しいワインを飲むのも勉強の一環、と必死に言い訳をしつつ、
今回ワインの勉強に対するモチベーションを大いに上げることができました。

また、しばらく頑張れそうです。
「煩悩」はいったいどこへ行っちゃったのやら・・笑



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 21:31| Comment(0) | ワイン会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする