2012年11月10日

ヴィノ・ノヴェッロ2012(新酒)

CONTI ZECCA コンティ ツェッカ  「ヴィノ・ノヴェッロ・サレント 2012」  

 今年も収穫の秋を向かえ、早速新酒を楽しみました。 
日本ではフランス・ブルゴーニュ地方の新酒「ボージョレー・ヌーヴォー」が有名ですが、ヴィノ・ノヴェッロはイタリアの新酒のことを指します。(フランス語で「ヌーヴォー」がイタリア語では「ノヴェッロ」となります。)
 両国とも「ワイン法」で定められた決まりで、フランスのヌーヴォーは11月の第3木曜の午前0時から解禁。 
イタリアのノヴェッロは、昨年まで11月6日が解禁日だったのですが、今年は1週間早まって10月30日に解禁となりました。 

解禁日に会社の近所のワインショップに買いに走りました。 
ま、フランスのボージョレーヌーボーも最近は落ち着いているくらいなので、イタリアのノヴェッロを買うために行列するわけも無く、閑散とした店内に置いてあった7種類くらいのノヴェッロの中から3種類ほど買いこみました。 
そのうちの1本がこれ。 

IMG_1628.JPG

 イタリアのヴィノ・ノヴェッロが、フランスのボージョレ・ヌーヴォーと大きく違うのは、産地/地域に根ざした葡萄で造られるという点です。
北と南では使われる葡萄が全く違います。 
つまり、風味にはおのずと「その地域の特色」が現れるので、色々な味わいが楽しめます。 
このコンティ・ゼッカは、イタリア半島をブーツ型に例えるとちょうどかかとの部分に当たる「プーリア州」に位置します。
位置的にギリシャ、トルコ、アラブ、アルバニア。いろいろな人種が入り混ざり、独特の文化を生み出してきた場所です。

このサレント半島に昔から公爵家として門を構える「ゼッカ・ファミリー」。
500年にわたるワインの歴史を持ち、古くからフランスやイギリスとの貿易を行ってきた由緒ある造り手です。 
320ha以上という広大な自社畑のなかで収穫されたブドウのみを使用 し、南の地ならではの土着品種の魅力を最大限に生かした高品質のワインづくりを行っています。 
そんなワイナリーが造るノヴェッロは、あふれる果実味、フレッシュなスタイルに仕上がっていました。 
使用品種はネグロアマーロとマルヴァジア・ネーラという、地ブドウを使っています。 
ベリーやチェリーを想わせるフレッシュなアロマ、もぎたての果実がそのまま詰まった、南イタリア独特のふくよかな味わいです。 
赤ワインですが、ライトボディで飲みやすく野菜などとの相性も悪くありません。 
もちろん、お肉料理とは持ち前のフレッシュな果実味のお陰で抜群のマリアージュを楽しめます。 

ちなみに、ラベルの鳥 は、新酒の頃に毎年プーリア州に渡来するツグミをデザインしているとのこと。 
海を越えてようやく辿り着いたツグミが、この地の美しい秋の季節を喜んでいる姿を表現しているそうです。

イタリアワインのエチケットってなかなかロマンティックでよいですよね。 
毎年買っている「トスカーノ・ノヴェッロ」も美味しかったですが、このコンティ・ツェッカは、更に南で作られているので南イタリアの太陽の恵みをたっぷり受けた収穫の秋のイメージを楽しめました。 

産地 : イタリア、プーリア州、サレントIGT 
生産者 : コンティ・ツェッカ社  
品種 : ネグロ・アマーロ主体、マルヴァジア・ネーラ 
アルコール度 : 12〜13%



 ※ブログランキングに参加しています。
 この記事が役に立った、と思ったら
 下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
 嬉しいです。押すだけで結構です。
   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村




posted by 煩悩爺 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。