2013年03月30日

「アカデミー・デュ・ヴァン」B級グルメ・マリアージュ講座 by 葉山考太郎先生


アカデミー・デュ・ヴァン(青山にあるワインスクール)の研究科コース
参加レポート


私は、JSAソムリエ試験受験以来、ここ数年ワインスクールに通っていなかった
ので、そろそろまたスクールに通おうかな、と考えて決めたのが、
ワイン関連の文筆家でも有名な葉山先生の講座で、全4回のほぼ単発に
近いコース「B級グルメ・マリアージュ講座」です。 

先生の作品の中でも特に有名なコラムは、あの「神の雫」の巻末に寄稿している
「ワイン色の下心」で、このコラムを見てすっかりファンになっていた私は、まだ
席が空いていると聞いて、すかさず申し込みました。 

クラスの人数は8人、先生の他に男性は僅か2人、他は妙齢の女性で
しかも全員が揃いも揃って美人系ばかり。 
それだけでも大変得をしたような気分になります。
ワイン好きの女性は何故か美人が多いんですが、何故なんでしょう。


授業は、ワインから連想するフレンチなどの洋食ではなく、普段我々が口に
するようなデリバリーものやファーストフード、スーパーのお惣菜といった
「B級食材」とワインを合わせてみよう、というもの。 

結局実質2ヶ月4回完結の講座で本ブログに掲載させる前に終了してしまい
ましたが、備忘も兼ねて簡単にご紹介しておきます。 

第1回目(1/29) デリバリー中華お惣菜とのマリアージュ 
<デリバリー“チャイナクイック”からの12種類のお惣菜とワイン10種類> 

IMG_1800.jpg

味噌系にはシラー、薄味系にはリースリングが合うことが判明しました。 



第2回目(2/26) デリバリー・タイ料理とのマリアージュ 
<デリバリー“オリエンタル・デリ”からの12種類のお惣菜とワイン10種類>

IMG_1847.jpg

新世界シャルドネとゲヴェルツトラミネールが、タイ料理特有の唐辛子の辛さを
和らげることが判明しました。 



 第3回目(3/12) 高級スーパーお惣菜とのマリアージュ 
<スーパー紀ノ国屋青山店で買い込んだ16種類のお惣菜とワイン10種類> 

IMG_1901.jpg

高級食材は全体的に甘めの味付けが多く、やや甘味が残ったワインが合いました。
ウナギの蒲焼にはジンファンデル、ポテトサラダにはゲヴェルツ、キンピラには
シラーなど、意外な組み合わせもいけることが判明しました。 



 第4回目(3/19) デリバリー・インド料理とのマリアージュ 
<デリバリー“ムンバイエキスプレス”からの15種類のお惣菜とワイン10種類>

IMG_1936.jpg

予想通り、インド料理にはインドワインの「スーラ」の赤・白がよく合いました。
そのほか、意外だったのが、シュナンブランやリースリングなどが、タンドリーチキンや
サモサに合うことが判明。酸がインド料理の味わいの中にある酸味とよく合うん
でしょうね。


ということで、僅か4回でしたが、非常に濃い内容の講座で、料理の味わいの
中にある要素と、ワインの味わいの特徴の組み合わせについて、飛躍的に理解を
深めることができました。

変化球系のワイン講座をお探しの方は、是非検討してみてください。





 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。押すだけで結構です。
   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村




posted by 煩悩爺 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインスクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。