2013年05月20日

アンビグラム@広尾 絶妙なサービスと共に絶品のシチリア料理・ワインを愉しむ

広尾・天現寺 アンビグラム AMBIGRAM



食通で遊び人の先輩に紹介されて行ってみました。 

シチリア料理の名店「ドンチッチ」のサービスマンだった米津さんが独立して
数年前に開いたお店です。 

ドンチッチョはなかなか予約の取れないお店として有名だったので、私も
3−4回くらいしか行きませんでしたが、お邪魔するたびにその味に加え、
温かく配慮の行き届いたサービスに感激していたものでした。 

たまたま、先輩と飲んでいたときに先日行った広尾の「インカント」の話が出たら、
そのすぐ裏に米津さんが店を出しているということを聞き、早速お邪魔した次第。 

ぐるなびなどを確認すると既に予約が取りづらくなっていることでしたが、
連休の谷間だったせいか、前日ですんなり予約は取りました。 

まず、行ったところ、確かにインカントのすぐ裏手に位置していて、びっくり。 

私達が到着した19時時点で既に3席ほど埋まっていて、食事を終えてかなり
盛り上がっているおじ様・おば様たちがいました。
平日だというのに、いったい何時から飲んでるんだろう???(そういうおじさんに
私もなりたい・・・) 

予約名を告げると、結構席は空いているのにかなり隅の方の狭い席に案内
されました。 
ちぇっ、と思う間もなく、お客さんが途切れなく入ってきてそれから10分ほどで
満席になりました。 

そこで何となく、前日に予約が取れたのは恐らく直前キャンセルが出たからでは
ないかと合点がいきました。
恐るべし、人気店・・・お邪魔できてラッキー! でした。

気を取り直して、グラスのスプマンテ(スパークリングワイン)を頼みメニュー選び
に専念します。 
やはり、シチリアの郷土料理が並んでいます。 

そこで、米津さんにメニュー選びを手伝ってもらいました。 
シチリアだったらやっぱり赤ワインが飲みたいので、好みのワインのタイプを話して、
ワインとそれに合う料理のお勧めを出してもらい、決めました。

こういう風に、あーだこーだと相談しながらワインや料理を決めていくのはとても
楽しい作業です。 

ワインはこちら。
シチリアではトップクラスの作り手である
Tasca D’Almerita「CAMASTRA TENUTA REGALEALI 2006」
ネロダーヴォラとメルロのブレンドです。 

IMG_ambigram2.jpg

まず香りが良くて、開けたての状態でも木苺、ブラックベリー、カシスなどが折り
重なる印象。時間の経過と共に丁子やスパイスの複雑な香りに変わりました。
味わいは、メルロが結構主張しいていて柔らかい印象。
酸もほどほどで穏やかなワインでした。 
美味しい。 


 料理はまず前菜にいわしの酢漬け。 

IMG_ambigram1.jpg

次にマトンのポルベッティーノ。これは素晴らしい味わいでした。
マトンらしさがしっかり出ていてトマトソースと絶妙なハーモニーです。
ワインとも最高のアッビナメント(マリアージュ)でした。 

IMGambigram3.jpg

きのこのパスタ、きのこのラグー添え。これも美味しかった。 

IMGambigram4.jpg


あと、撮り忘れてしまったメインが和牛のランプ肉のステーキ 
最後にデザートと自家製リモンチェッロをいただいてしめました。 

料理はどれも素材の良さを生かしつつ丁寧に調理されていて
美味しかったです。 

以上充分満足した後のお会計は一人1.2万円ほどでした。 
安くはありませんがコスパ的にはまあ妥当なところでしょう。 

至近の場所にイタリアンの「インカント」があることについては、
はじめあまりに近くて驚きましたが、イタリアンといってもコンセプトが
全然違うので、共存できるんでしょうね。 

私も今後、相手や用途によってどちらにお邪魔するか替えると思います。 

・居酒屋の延長で仲間とわいわい騒ぐならアンビグラム
・洗練された雰囲気の中でしっとりと会話を楽しむならインカント
てな感じでしょうかね。

このレベルだと甲乙つけがたく、好みの問題になると思います。 

それにしても、広尾・天現寺のこの界隈は本当に食のレベルは高いです。 
まだまだ知らないお店がたくさんあるので、また開拓してレポートします。


  広尾・天現寺 アンビグラム  

  東京都港区南麻布4-12-4 プラチナコート広尾 1F 
  TEL03-3568-2080



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。押すだけで結構です。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村





posted by 煩悩爺 at 01:04| Comment(1) | TrackBack(0) | ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 職務経歴書 at 2013年10月24日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。