2013年09月26日

クレッセント@芝の老舗フレンチでMWセレクトのワインを楽しむ


 正統派フレンチと世界標準の正しいマリアージュに完全降伏!!


ここのところ、和食にワインだとか、ウナギにワインとかを合わせる機会が多かったのですが、
久しぶりに正統派のフレンチとファインワインを合わせる会に参加してきた話題です。 

IMG_2749.jpg

先日、ベリー・ブラザース・アンド・ラッド(BB&R)所属マスターオブワイン(MW)
の一人、サイモン・フィールド氏主宰のワインディナー会にお誘いいただきました。 

場所は芝公園にある老舗フレンチレストランのクレッセント。 
私にとっては、ある私的なセレモニーで20数年前に訪れて以来
生涯2回目の訪問です。 

もう細部は全く覚えていませんでしたが、全体的に重厚な雰囲気と
見るからに格式の高い調度品の記憶だけは何とか・・その印象だけは、
当時感じたものと同じでした。 

地下鉄三田線の大門の駅から歩く道すがら、ちょうど2020年
東京オリンピック決定を祝って、東京タワーがオリンピックカラーの
電飾に彩られているのがよく見えました。 

サイモン・フィールドMWはBB&Rの中でもシャンパーニュ、ローヌ、ポート
の買い付けを担当しているとのことで、今回の供出ワインは彼の
担当エリアからのセレクト。

startIMG_2727.jpg

ボルドーやブルゴーニュのスティルワインが一切並ばない珍しい
フレンチディナーでした。

 聞くと、私の大好きなBB&RラベルのシャンパーニュUnited Kingdom 
Cuvee NVのセバージュ(ブレンド比率)は彼が決めたということで、
その決定時のお話なども聞けてとても興味深いものでした。


ひとしきりサイモン・フィールドMWとご挨拶した後、ディナーのスタートに、
いきなりシャンパーニュが4種類並びます。 

Champagne
- NV Berrys’ United Kingdom Cuvee, Grand Cru, Brut, Mailly 
-2006 Berrys’ Le Prestige, Grand Cru, Mailly 
-1996 Champagne R&L Legras, Cuvee Exceptionelle, St. Vincent 
-1999 Pol Roger, Sir Winston Churchill 

IMG_2734.jpg

お料理は最初のアミューズから
一つ一つに手がかけられているのがよくわかる品々です。 


一品目は、 蛤のババロアとトマトのジュレ

IMG_2731.jpg

卵型の器に入って出された時に、なんじゃこりゃ、と
妙なものが出てきた印象でしたが、まず蓋を取ってその綺麗なビジュアルにびっくり、
口に含んでその美味しさにびっくり、と立て続けて驚かされました。 

IMG_2733.jpg


蛤から出た濃厚な出汁の効いたババロアとトマトの酸味と甘味が絶妙に絡み合う
逸品でした。 
これで完全に度肝を抜かれて、一気にクレッセントの料理の世界に引き込まれました。 

続いてブルターニュ産オマール海老と秋トリュフのサラダ仕立て」 

微かに火が入っている程度で、刺身のような生き生きとした歯ごたえが残っている
新鮮なオマールでした。 

IMG_2737.jpg

このオマールも感動ものでしたが、これに添えられていたサラダが秀逸・・・
なんと、サラダの約半分が厚めにスライスされたトリュフで、通常ありえない量です。 

質の悪いトリュフは時として「ブタンガス」臭を感じることがあるのですが、
これは香りだけでもうっとりしてしまうような芳香を発していました。
勿論お味も歯ごたえも素晴らしいです。 

そして、シャンパーニュがこれらの食事の味わいを更に深めてくれます。 
4種はどれも素晴らしいものでしたが、私は蛤のババロアにはR&L Legrasが、
オマール海老にはBerrys’ Le Prestigeが、
秋トリュフにはSir Winston Churchillが、それぞれ合うような印象を受けました。 

Berrys’ Le Prestigeは、世界中で日本マーケットだけで販売されている
ということでした。

BB&RさんのNVのものでも並みのシャンパーニュとは一線を画する
芳醇さがあるのですが、こちらはLe Prestigeを名乗るだけあって、
味わいの深さ、泡のきめ細かさなど別次元の複雑さが感じられます。 

 「舌平目と雲丹のボンヌ・ファム」には、南ローヌ・ヌフパプ白の
2011 Chateauneuf-du-Pape Blanc, Chateau La Nerthe
供されます。 

IMG_2740.jpg

ラ・ネルトは、ヌフ・パプ地方で唯一「シャトー」を冠している作り手で、
この地域にローマ法王が隠居(実際は幽閉)した頃からの長い歴史があります。 

たしか、7−8種類のブレンドだったと聞いたように思いますが、
この味わいの複雑さが雲丹の甘味とよく絡み合います
美味しいです。 

食事の最後は「仔牛のミジョテ」 

ミジョテというのは、「優しく取り扱う」というニュアンスがあるらしく、
優しく火を入れて調理するもののようです。
優しく滋味深い舌触りと味わいでした。 

IMG_2741.jpg

これにあわせて、北ローヌの
2011 Hermitage, La Chapelle, Paul Juboulet Aine 
このワインはパワフルというよりも、エレガントで本当に美味しいシラーでした。 
感激でした。 


そして、食事が終了してもまだ見せ場が待っていました。 
サイモン・フィールドMWはポートの買い付け担当でもあります。
 
秀逸なデザートの「木苺とキャラメルアイスクリームのシュクセ」に合わせて、
グラハムの1983年ビンテージポートがサービスされました。 

IMG_2744.jpg

デザートとポートワインなどのデザートワインは、ヨーロッパでは
「食事と同じくらい重要」と言われるそうです。

我々日本人は、食事をガッツリ食べてからデザートやらチーズやらを
ガツガツ食べる西欧人に対してちょっと信じられないと感じる方が多いのですが、
今回は何としてもその領域に近づかなくてはいけない、との強い意思の下、
何とか完食いたしました! 

でも無理してでも食べた甲斐がありました。 
デザートとポートの組み合わせは、本当に素晴らしかったです。 
良い経験ができました 

 いやいや、世の中にはまだまだ未体験の美味しいものがたくさんあるんですね。 

20数年前も同じように味わったはずなんですが、その頃はまだ味覚も幼稚だったし、
だいいちワインなんて全く興味もありませんでした。 

歳を重ねるとそういった意味でも、楽しみがどんどん増えていくものなんだな
と感じると共に、これからもどんどん進化を続けて行きたい、との思いを新たに、
帰途に付いたのでした。 

帰り道も、東京タワーの電飾がきれいでした

ttowerIMG_2723.jpg



 芝公園「クレッセント」 
 東京都港区芝公園1−8−20 
 03−3436−3211(完全予約制です)



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。押すだけで結構です。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村




posted by 煩悩爺 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | BB&Rイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。