2013年12月15日

元麻布「エクアトゥール」閑静な住宅街の隠れ家で絶品フレンチと極上ワインの宴


別名「天国に一番近いレストラン」・・元麻布「エクアトゥール」 
予約の取れない超人気フレンチで極上ワインの宴 

もう少し前のことになってしまいましたが、WSETの受験前に
「ちょっとだけいいかな」ということで、少し贅沢をした記録です。 

予約がほとんど取れないことで有名なフレンチ「エクアトゥール
別名「天国に一番近いレストラン」の予約を、
ワイン仲間が数ヶ月前に取ってくれて、それこそ数ヶ月前から
楽しみにしていた訪問でした。 

なんといっても、このお店そもそも席数が少ないので一日で
受け付ける客数がかなり限定されている上に評判が評判を呼んで、
だいたい3ヶ月先までほぼ埋まっています

それに電話での予約を受け付けておらず、メールのみでの連絡
なので、本当に予約を取るのが至難の業という有名店です。 

場所は日比谷線の六本木駅からも大江戸線の麻布十番の駅からも
徒歩10分以上かかる住宅街のど真ん中。

元麻布と言えば超がつく高級住宅街てすが、このお店は
その閑静な一角のマンションの2階にあります。 

周辺はところどころに警備の警官が詰めているような環境で、
おそらく要人が住んでいるのかと思います。 

入口も、普通のマンションのドアの上に小さく屋号が貼られて
いるだけで、知らなかったらとても入る勇気は出ないような
エントランスです。 

そっけないマンションのドアを開けると、そこにはスタイリッシュで
不思議な空間がありました。 

基本のカウンターは実質6席のみのゆったりした配置で、
別に6人掛けの個室があるだけです。
 
フランスで修行した(かつ結構有名だった)シェフとマダムの
二人で切り盛りしているので、クオリティを保つには
このサイズが限界なんだそうです。 

私は初めてお邪魔したのですが、予約してくれた友人は既に
何度も訪問している「常連」さん。 

6人で9万円のコース(税、サービス料、ワインの持込料込、
何本持ち込んでもOK)というコースをお願いしました。
ひとり15000円ポッキリという設定で、金額だけ聞くと
ちょっと高いような気もしますが、料理をはじめとした
レストランが提供してくれる内容を考えると、とても
コストパフォーマンスの良いコースです。 

お料理は完全にお任せで、その日の仕入れによっても違うようです。 

苦手な食材を事前に伝えておくだけで、あとは当日
シェフのお任せの料理が出てくるスタイル。

今回はワインを全て持ち込みにして、3日くらい前に宅配便で
届けておいたので、ある程度ワインの色や産地も勘案して
料理をアレンジしてくれたかもしれません。

(持込コースは当然のことながら「マリアージュは期待しないで
ください」となっていますが、素晴らしいマリアージュでした) 

参加メンバーで事前にちょっといいものを持ち込もうね、と
示し合わせて持ち込んだワインのラインナップはこんな感じです。 

1.Salon 1999 
2.Jacquesson 2000 
3.Jacques Selosse Rose 
4.Comtes Lafon, Meursault – Chalmes (1er)1997 
5.Georges Roumie, Morey St Denis, Clos de la Bussiere (1er) 2006 
6.KRUG 1998 

aRIMG0341.jpg

壮観です
たまたま泡好きが数名いたため、素晴らしいシャンパーニュを
4本も堪能できました。

私は、なかなかここまで揃うワイン会に出たことがありません。

さて、お料理は・・・
まずはスターターのサロンと共にアミューズ。 
サロン1999は私が持ち込んだのですが、ちょっとまだ硬かったかな、
との印象でした。
勿論美味しかったですけどね。 

aIMG_2782.jpg


続いて前菜が2品続きます。こちらはサロンとジャクソンで。 

aIMG_2783.jpg

aIMG_2787.jpg

セロスのロゼがサーブされたと思ったら、今度はフォアグラのソテー
出てきました。 
ロゼシャンパーニュのチャーミングなベリーの香りがフォアグラに
妙に合います。 

aIMG_2793.jpg

魚料理は、オマールとつぶ貝でした。
あわせてムルソーのプルミエ。
こちらも素晴らしいマリアージュ。 

aRIMG0338.jpg

肉料理はでした。 
ルーミエの自宅裏の畑クロ・ド・ラ・ビュシエール
モノポールで稀少なモレサンドニ2007を私は初めて飲みました。
07と聞いてまだ早いような気がしましたが、味わってみると全然
そんなことは無く、少し熟成感も現れており素晴らしいワインでした。 
勿論マリアージュもバッチリでした。 

aIMG_2800.jpg

それぞれのお皿のポーションはさほど大きくないので、いつもほとんど
食べない私でも、デザートまでほとんど平らげることが出来ました。 

出てくる全ての皿が、見た目もアーティスティックなうえ、
味も単純ではなく、素材の持つそれぞれの味わいや香りが重なり合って
複雑なハーモニーを奏でているような料理です。 

世の中には、まだまだ知らない美味しい料理があるものだとあらためて
感じました。
これは、予約がなかなか出来ないというのも納得できます。 

最近はステマ(ステルスマーケティング)も一般的になっていて
「たべログ」さんとか「ぐるナビ」さんといったサイトの口コミもだんだん
あてにならなくなりましたが、こちらのレストランは本当に口コミどおりで
素晴らしいと思います。 

予約はメールでしか受け付けていないので、ご興味のある方は
是非トライしてみてください。 

エクアトゥール 
〒106−0046 東京都港区元麻布3−6−34 カーム元麻布2F 


 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。押すだけで結構です。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村


posted by 煩悩爺 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック