2014年05月05日

博多・中洲の漁師料理「せいもん払い」 魚介と甲州ワインの絶妙なマリアージュ


IMG_3275.jpg


中州の名店で絶品の玄界灘の海の幸と
甲州ワイン「勝沼醸造アルガブランカ・クラレーザ」を堪能



私こと煩悩爺が福岡に転居・転勤したことは前回お伝えした通りで、
やはりサラリーマンの常で転勤前後のそれぞれ1ヶ月はもろもろの仕事に追われて、
他のことはなかなか手に付かない状況になっておりました。

哀しいかな日本のサラリーマン〜♪、といった感じですが、
GWを迎え漸く少し精神的にも余裕が出てきましたので
今後は、4月以降博多でお邪魔した名店のご報告もさせていただこうと思います。
(なお、単身なもので、GWは東京で過ごしております)

第一弾は、中洲の漁師料理の名店「せいもん払い」さんです。

こちらの店は、私が福岡に転勤が決まってから、
周囲の福岡勤務経験者や九州出身者の約10人くらいから
「良いから絶対に行け」と言われていたところです。
ということで、まずは行かねばならぬと4月半ばの土曜日に
お邪魔してきました。

平日でも予約を受け付けるのは開店する17時から18時30分まで、
また予約の時間に遅刻すると予約は取り消しになってしまう
との事前情報があって、なんて高ビ−な店だろう、と思いつつ、
既に19時を回っていたため予約はせずに、
並ぶ覚悟で地図を片手に向かいました。

ある方の情報によると、接待の時でさえお客さんも一緒に並んで
待ってくれるくらい博多では有名なお店とのこと。

店名の「せいもん払い」とは「誓文払い」と書く博多商人のお祭りを指し、
11月下旬に行われる共同大売出しのことなんだそうです。


地下鉄・福岡空港線でJR博多駅から2つ目の「中洲川端」駅で降り、
アーケード街を南に歩くこと約5分程度で到着。

店の前には大きな水槽があり、入り口には予想通り並ぶお客さんが
3組ほどいました。

まあ、3組くらいなら1時間くらいは覚悟しないといけないかも、
と覚悟を決めて並んだところ、なんと10分程度で中に案内されました。

席数が多いのと、19時過ぎくらいだと17時から飲んでいた人達が
店を出て行くようで、回転は良いみたいですね。

中に入ると意外に広く、我々は2階の掘り炬燵の部屋に案内されました。


メニューには目立つ字で「当店はお一人様5000円以上かかります
と書いてあります。

そりゃあ当然、この手のお店に来たらそれなりの支払いになることは
わかりますが、わからない人もいるんでしょうね。

確かに博多の飲み屋さんは、「2時間飲み放題付き3500円」というお店が
とても多いので、こちらの物価水準からしたら「高い店」なんでしょう。


さて、メニューを見ると美味しそうなものが並んでいます。

ドリンクのメニューを見たら、なんと、私の大好きな「勝沼醸造」さんの
「クラレーザ」がオンリストされているではありませんか! 

他にも種類は多くないものの、魚介に合いそうなシャンパーニュや
白ワインが載っていました。

こちらでは佐賀牛のメニューもあるからか、
赤ワインもそこそこのものが置いてあります。


IMG_3273.jpg




つまみは何を頼んで良いのかわからないので、とりあえず
一般的なものをお願いしました。


「刺身の盛り合わせ」

2.jpg


これは、今まで私が食べたことのある刺身盛り合わせの中でも
トップクラスでした。

見たことの無い刺身や、今まで味わったことの無い食感・
歯ごたえの刺身など、驚きの連続です。

樽の掛け方の軽い甲州「クラレーザ」とは勿論バッチリの相性でした。
このワインは、醤油・わさび系のタレで食べるものにも絶妙に合います


「季節野菜と魚介のサラダ」

いわゆるオーソドックスなサラダですね。勿論美味しかったです。


3p.jpg


「てんぷら盛り合わせ」

見た目からはよく伝わらないのが残念ですが、
ネタの鮮度が段違いで素晴らしいです。


IMG_3278.jpg


この他にイカの刺身をお願いしたのですが、その日は海がシケて
イカの入荷が少なかったとのことで既に売り切れていました。残念! 
まあ、また機会はあるでしょう。


これでお支払いは15000円程度(2人)、コスパがとても良いとは言いませんが、
十分リーズナブルかと思います。

福岡に来て、魚介類の美味しさには驚くことが多かったのですが、
こちらのお店はまた別格に美味しいと感じました。

サービスは、事前情報から「高ビー」なものを予想していたのですが、
決してそんなことは無く、とても温かで気持ちの良いサービスでした


皆さんが「絶対に行け」と仰る意味がよくわかりました。
ご出張などで博多にお出での際には、訪問してみることをお勧めします。
ただし日曜は定休です。




福岡県福岡市博多区上川端町5-107 シャトー川端 1F

092-281-5700





 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日一回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村




posted by 煩悩爺 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 博多・ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。