2014年05月17日

南青山の隠れ家イタリアン「ドメニカ・ドーロ」で絶品グリルとワインの饗宴


少し前になってしまいましたが、GW後半は東京の自宅に戻って、
夜な夜なワイン友と飲み歩いておりましたので、そのご報告を。


IMG_3302.JPG


有り難いことに仲間たちが私の帰京に合わせて、
いろいろとセットしてくれるので、飲む機会には事欠きません。

帰京一日目にお邪魔したのは、外苑前と青山一丁目の間にある
イタリアン「ドメニカ・ドーロ」です。

まだ若いシェフと奥さんが切り盛りしており、店を開いてまだ1年程度の
お店ですが、既に人気店の仲間入りをしています。

シェフは、北イタリアのトレンティーノ州で修行されたとのことです。

こちらの店には何度かお邪魔していましたが、いずれも飲み会の帰りの
二次会などの利用ばかりで、夕方早い時間からちゃんと料理を味わうのは
初めてのことでした。

今回は、4人で3本持ち込みました。

まずは前菜の盛り合わせをオーダー。

これで2人前のポーションですが、4人で食べるのにちょうどいい量です。
それぞれちゃんと仕事がしてあって、どれもとても美味しい。


これに定番BB&RのUKCシャンパーニュを合わせて乾杯。


IMG_3292r.jpg


そして、筍とクレソンのサラダ

筍とクレソンに温泉卵とパルミジャーノが添えられていて
あまり出会ったことの無い食感と味わいです。
美味しいです。


IMG_7431r.JPG



次に、メカジキのグリル
これが絶品です。


何が素晴らしいかというと、火入れです。

直火ですから、焼きすぎず生過ぎない絶妙な火入れ加減は
なかなか難しいものですが、こちらの店はこれが絶妙で
口に入れた瞬間のかりっとした食感と噛みしめた時の
ジューシーさが共存していて、何とも言えず美味しいです。

素材の味わいを生かして主張しすぎないソースもまた良し。

白ワインは持ちこまなかったので、お店のセラーから
お勧めの白「ビアンケッロ ラ・リーぺ」、マルケ州の地ブドウ
「ビアンケッロ」100%を開けてもらいました。

さわやか、かつしっかりとした白ワインで、メカジキによく合います。


IMG_3297r.jpg


桜海老のパスタ
これも絶品です。


鼻腔をくすぐる上質な海老の香り、程よいアルデンテの麺・・・
目をつぶると潮騒が聞こえてきそうです。

・・超幸せです。


この辺から、私の持ち込んだSilvio Grasso のバローロ 2005
と仲間の持ち込んだサンテミリオンGCの Ch.Destieux 97
両方開けて味の違いを楽しみながら食事を楽しみます。


IMG_3298.JPG


そして最後に、メインの豚のグリル

群馬産(確か・・)の豚をグリルしたもので一口サイズに
切り分けてもらいました。


IMG_3300.JPG


これもまたまた絶品で、素晴らしいです。

バルサミコをベースにしたと思われるソースとバローロの
凝縮感のある果実味が絶妙に合います。
ワインはソースの一部である」という言葉を再認識します。


IMG_3304.JPG


このSilvio Grassoはバローロの中でも最も先進的な手法を
取り入れているモダンな作り手で、力強いタンニンを持ちながらも
エレガントな飲み口。

クラシカル・バローロは抜栓後1日くらいしないと
こなれてこないものもある中で、これは抜栓後1時間くらいで
ちゃんと開いてくれました。

以上で料理はおしまいですが、ほぼお腹はパンパンで
デザートは無理と思いきや、ジェラートなら入るだろう、
といって、盛り合わせをオーダー。

いちごとキャラメルとゆずだったかな。


IMG_3306.JPG


このキャラメルのジェラートとサンテミリオンが
なかなかの取り合わせ。これは意外でした。
キャラメルの持つ「焦げ」のニュアンスが、
メルロのチョコレートやなめし皮といったアロマと
合うんでしょうね。


いや、美味しかったです。

青山通りから青山墓地の方に少し入った場所にあるので、
場所柄通りすがりの一見さんはほぼいないと思われ、
隠れ家感たっぷりの名店です。

こちらは料理教室もやっていますので、ご興味がある方は
行かれてみては如何でしょうか。




〒107-0062 東京都港区南青山2丁目14−20 B1F
TEL:03-6459-2713



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日一回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村




posted by 煩悩爺 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。