2015年10月12日

ゴッサムグリル 恵比寿の熟成肉専門店でローヌワインとステーキを堪能

フランスパンの名店「VIRON」と同じ経営の熟成肉専門店で、
ワインと熟成USビーフのグリル(と美味しいパン)を愉しむ


IMG_5377.JPG


最近は歳を取ったせいか、真っ白にサシの入った和牛のA5ランクなどを
食べるよりも、脂っ気のあまり無い美味しい赤身肉を食べたいと思うようになりました。
贅沢な話ではありますが、良い赤身肉は本当に美味しいものです。

そんななか、先日ずっと気になっていた店を初訪問しました。
かれこれ10年くらいになるでしょうか、恵比寿の駒沢通りと明治通りの交差する
渋谷橋の交差点の近くにあって、いつも車で信号待ちをするたびに目に入って、
気になっていたお店です。


熟成肉が食べたいなと思ってお店を調べていたらその店が出てきたので、
これだっ!と思って休日のお昼にお邪魔してみました。

お店の間口はさほど広くないのですが、奥行きは意外にあります。
席数はざっと見て40席程度かと思います。

内装はスタイリッシュでデートにも十分使えそうです。

店舗を入ると右側にグリラーが鎮座しており、肉が焼かれる煙が立ち上りって
いい匂いがしています。

予約無しでお邪魔したのですが、ランチだからか予約もあまり入っていなかったとみえて
良い席に通されました。


ランチメニューは大きく分けて魚料理、シチュー、ハンバーグ、ステーキの設定があり、
VIRONのパンが食べ放題になっているセットと、そうでないものがあります。

ステーキについては、USビーフの熟成肉が部位別に数種類選べて、
いずれもパン食べ放題の設定はありません


私はステーキのメニューからサーロイン(2160円)を選択しました。
焼き方は、肉好きの基本として勿論レアです。
付け合せには、アメリカンビーフらしく、サラダとポテトが付いています。

では、休日の昼間ですから一緒にワインも愉しもうと、
ワインリストを見せてもらったところ、フランスから新世界までそこそこの品揃えです。


昼間っからボトルを開けるのはちょっと抵抗感があるのでグラスワインを聞いたところ、
泡はシャンパーニュを含めて3種類(クレマンとカヴァ)、
白赤もそれぞれ4種類が用意されていて、充実していました。


IMG_5373.JPG


リストの中から、とりあえず泡・クレマン・ド・ジュラのグラスをお願いして、
ちびちび飲みながら肉が焼きあがるのを待ちます。

パンの盛り合わせもすぐに出できたので、ちょっとかじってしまいます。


IMG_5372.JPG


ちなみに、ジュラで作られるクレマンはほとんどがシャンパーニュと同じ製法
(瓶内二次発酵)かつ、ブランドブラン(ブドウはシャルドネだけ)が多く、
冷涼な気候のせいか、シャンパーニュと同じような味わいが楽しめます。

私にとっては、クレマンの中で最も気に入っている地域のひとつです。


さて、あまり待つことなくお肉が出てきました。
いい感じの焼き色です。

IMG_5376.JPG



泡は既に飲みきってしまっていたので、続いての赤のグラスはコートドローヌ
お願いしました。

ローヌは無名の生産者でも秀逸なものがたくさんあって、昔から好きな地域です。
もともと、私はシラーやグルナッシュといった品種が好きですし、
ステーキなど味の濃いメニューには合わせて間違いないワインです。

出されたグラスの銘柄や生産者は聞き忘れてしまいましたが、
タンニンはさほど強くないもののコクもあり、美味しいワインでした。


IMG_5374.JPG


お肉を賞味するとしっとりとした食感で、アメリカンビーフにありがちな
パサつき感は全くありません。

外側はカリッと、内側はまだ生の感触が残る良い焼け具合です。
コクというのでしょうか、味わい深くて美味しい

ステーキハウスは、この火入れの加減が命と言っても過言ではありません。

炭焼きロースターの上で肉を並べて豪快に焼いているようですが、
焼き手は実はけっこう注意深く焼き具合を見ているんだそうです。


熟成肉の製法で最も一般的なのは、40日間温度を適切に保った室内で
つるした肉に風を当て続ける「ドライエージング」という方法だそうで、
肉に含まれる余分な水分が無くなると共に、熟成の過程で付着する微生物の力で
肉のタンパク質が旨味成分であるアミノ酸に変化するため、
熟成後のアミノ酸の量は熟成前の4〜5倍に増えている、という仕組みだそうです、

たしかに、肉の味わいが強いことは感じられましたし、
「ドライエージング」という割には意外にジューシーだし
なかなか気に入りました。


パンは、もちろん気に入っているVIRONのものですし(粉の香りに特徴があるので
すぐにそれとわかります)、ワインの品揃えもしっかりとしているので、
次回は是非夜にお邪魔しようと思いながら、
幸せなランチを終えてお店を後にしたのでした。




東京都渋谷区東3-16-10 J−Park恵比寿3 ALTIMA 1F

03-5447-0536




 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック