2011年11月12日

イタリアワインの新酒「ヴィノ・ノヴェッロ」2011

IMG_0898novello.gif

その年に収穫したブドウを使ったワインの新酒では、フランス・ボジョレのヌーボーが有名ですが、私のワイン歴のルーツであるイタリアにも新酒があります。
ボジョレ・ヌーボーは11月の第3木曜日午前0時に解禁となるため世界で最も早くヌーボーが飲める国として日本国内でも一時期盛り上がっていましたが、イタリアワインの新酒はもう少し早く「11月6日午前0時1分以降販売可能」となっています。
国としてイタリアはフランスほどワインに拘っていないのか、それともフランスほど商売っ気が無いのか、今ひとつこの「ヴィノ・ノヴェッロ」がメジャーにならないのは、イタリアワインフリークの私としてはちょっと残念なところです。

ま、そんなことを毎年考えておりまして、今年も早速飲みました。
だいたいボジョレ・ヌーボーはコンビニでも手に入るくらいメジャーなのに、ヴィノ・ノヴェッロはそこそこのワインショップでも置いてなかったりします。
私は職場近くのワインショップで2種類ほど購入し、とりあえず家飲みしました。
まず飲んだのが、写真の「ノヴェッロ・トスカーノ」トスカーナ州のメジャー品種サンジョベーゼ100%の新酒です。
印象としては、新酒の特徴でもある果実味のフレッシュ感が、例年よりもよりすっきりとして雑身がなく、かつそこそこ凝縮感があって美味しい、というものでした。今年はイタリアもフランスも数十年に一度くらいの良い出来と聞いていましたので、そのとおり新酒としてはなかなか良いと思います。
芸能人に例えていうなら、AKB48というよりもう少し成熟したニュアンスのあるKARAとかのイメージかな。(私の好みもかなり偏っておりますので、爺の戯言として聞き流してください)
ということで、まずはイタリアの新酒のレポートでした。


posted by 煩悩爺 at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

はじめまして

IMG_0546-2.JPG

こんばんは、煩悩爺と申します。
はじめまして。

今までいろいろな方々のブログやHPにお邪魔してきましたが、自分では何も発信する手段を持っていませんでしたので、思い立ってプログを始めることにしました。
アラフィーのまだまだ煩悩でいっぱいの爺です。
まあ、年齢的にはだんだん女性の目も気にならなくなる世代ではありますが、私などはいまだに小娘の目も気になってしまう小心者です。
取り柄といえば、真面目に会社勤めをしていることと、ワイン好きが昂じてワインエキスパート資格を持っていることくらいでしょうか。
40才を過ぎた頃からワインを飲むようになって早10年ですが、ワインを通して人生の幅がとても広がったような気がします。
このブログでは、私が飲んだワイン、それと一緒に食べた料理、その場で起こったことなどを中心に酔っ払いの戯言を書き留めていこうと思います。
かなりいい加減なペースになると思いますがご容赦ください。
ラベル:ワイン好き
posted by 煩悩爺 at 07:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。