2018年04月30日

ロシア料理の老舗ロゴスキーで味わうジョージアワインと絶品ロシア料理

      〜 久しぶりにお店・グルメ情報をお届けします。 〜


爺は先日、日本ソムリエ協会主催のジョージアワインセミナーのイベントに参加して
大橋幸一MWの講義を受けて以来、ジョージアワインをちゃんと味わってみたいと
思っていたところ、漸くその機会がありましたのでご報告します。


昨今、来日外国人観光客で賑わう銀座四丁目交差点からほど近い銀座メルサビルの上に、
かつて渋谷の桜丘にあった1951年創業ロシア料理「ロゴスキー」が引っ越した
との情報を聞き、またそこでジョージアワインが飲めるとのことだったので行って来ました。


かつてはグルジアと呼ばれていたジョージアは、ソビエト連邦内の国の一つで、
ウクライナ、コーカサス地方の豊かな農業中心の国です。
ちょうど黒海とカスピ海に挟まれた地域で、コーカサス山脈の南端に位置します。

ロゴスキーもウクライナ料理が中心のロシア料理店なので、ジョージアワインの
種類は豊富です。

         店内の風景(天井のステンドグラスがなんともレトロで綺麗です)

内装.jpg


実は渋谷のあの界隈の小学校に通っていた私は、親や祖父に連れられて、
桜丘のとあるビルの上にあった同店によく通ったものでした。

もう40年以上前のことで、当時はお客さんも白人系の男性が多く、
ロシア人と思しき格好いいスーツ姿の外人さんが数人で個室に入って行くのを
よく目にしました。

当時はちょうど米ソ冷戦下の時代でしたので、あとでいろいろ聞いて、
あの格好いいロシア人たちは多分KGBのスパイ達だったのかなどと
思いを馳せたりもしました。


そして時代を現代に移すと、ロゴスキーはその後渋谷東急プラザの上のレストランフロアで
営業していましたが、東急プラザも渋谷再開発で閉館したので、現在は銀座に移って
営業を続けています。

という流れで、私にとっては5〜6年前に福岡に異動する前に渋谷東急プラザ店にお邪魔して以来
の訪問となりました。

場所を銀座に移しても店内はレトロな雰囲気が漂い、懐かしさが込み上げます。
店員さんもなんとなく見覚えのある方が数名。
メニューも以前からのものをそのまま使い続けていると見えて、「SHIBUYA」のロゴが嬉しいです。


屋号.jpg


ワインリストを見ると、フランスの著名銘柄が数種類ある以外はほぼ東欧より東の
マニアックなものばかり。
興奮します!


スパークリングワインのグラスの品揃えは2種類共に東欧、ロシア系。聞いたこともない銘柄です。
とりあえずジョージアのオールドトビリシというのを頼んでボトルも撮らせてもらいました。

オールドトリビシ.jpg

香りは柑橘系でスッキリしてリンゴっぽいニュアンスもあります。
味わいは、やや辛口で柔らかな口当たり。

シャンパーニュのような主張の強さは無く、イタリアのアスティなどにちょっと近い
優しい印象のスパークリングワインでした。
泡の印象などから瓶内二次発酵ではなくシャルマ方式で作ったものではないかと思います。

さてお料理はコースを頼んだので、ロシア料理の王道が続きます。

まずは前菜の盛り合わせ
ニシンの酢漬けをはじめ、どのポーションもしっかり手がかけられていて、美味しいです。


前菜.jpg


ロシア風水餃子の「ペリメニ」です。
構成としては、小麦粉で作った皮の中に挽肉ベースの餡が入っているものを煮た料理なので、
餃子と全く同じなのですが、仕上げにバターで和えてあったり、と味わいは全く違います。

私はこれが子供の頃から大好きで、昔は際限なく食べていましたが、
この歳になるとさすがにこのくらいの量で充分です(笑)。


ペリメニ.jpg


2人でお邪魔したので、ここでもう赤ワインに移行し、ボトルでジョージアワインの銘酒の一つ
と言われる「TAMADA MUKUZANI」を注文。
ジョージア土着品種である「サペラヴィ」種100%の赤ワインです。

ムクザニ.jpg


グルジア文字(?)のエチケットが可愛いです。

ジョージアを含むコーカサス地方はブドウの発生地とされていて
世界最古のワイン産地として確認されているとのことです。
なんと8000年前からワインを造っていたことがわかっているそうですが、
想像もつかない長い歴史ですね。。。。。

色調は画像のとおり、深みのあるダークルビー。
香りは赤系果実と黒系果実の中間でフルーツのニュアンスが強いです。
2013年とまだ若いワインでしたが、既に複雑で少しキノコのような熟成香も出ていました。

味わいは、色合いよりもタンニンが柔らかくアタックもエレガント、果実味も豊かで
アルコール由来と思われる甘味もあり、誰が飲んでも美味しいと思える印象でした。

美味しいワインです。

続いての料理は、大好物のボルシチ
牛肉でだしを取るようです。

ボルシチ.jpg


つぼ焼き
中にはキノコとチキンのクリーム煮が入っていて、ドームを破ると何とも言えぬ
ふくよかな香りが上がってきます。

つぼ焼き.jpg



ビーフストロガノフ
牛肉をデミグラスソースと生クリームで煮込んだもので、これも私のソウルフードの一つです。


ビーフストロガノフ.jpg


              サーモンのパイ包み焼

パイ包み焼き.jpg


デザートまで来ると本当にお腹がいっぱいです。
品名は聞きそびれましたが、アイスクリームとゼリーで美味しかったです。

デザート.jpg


ラストは、定番のロシア紅茶
紅茶にイチゴジャムが入っていて、ほっとする甘さです。


ロシア紅茶.jpg



想定以上のジョージアワインとロシア料理のマッチングを楽しむことができました。
これで、コストはだいたい一人8000円位でした。
こういう老舗には、今後も伝統を守っていつまでも存続していただきたいものです。

皆さまも銀座に行かれる機会があれば、有名メゾンだけではなく、是非ロシア料理と
ジョージアワインも選択肢の一つに加えていただければ嬉しいです。

ワインを楽しむというと、どうしてもフレンチやイタリアン、スペイン料理に行きがちですが、
東欧やそのほかの国々にもワインに合う料理はたくさんあります。

私もまだまだ未体験の美味しいものがたくさんありますので、今後もチャレンジを続けていきたいと思います。



中央区銀座5−7−10 EXITMELSA(旧・名鉄メルサビル) 7階
03-6274-6670



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 18:55| Comment(0) | ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

2016 シャンパーニュ・ブルゴーニュ訪問記録 (その3・飲食)


<旅の大きな楽しみの一つは、現地で味わう現地の食>


連続でシャンパーニュ・メゾンやドメーヌの訪問記録をお届けしましたが、
旅の楽しみと言えば、やはり食事はかかせませんよね。

ということで、今回は食事について報告させていただきます。


まずフランスに到着した初日の夜のお話。

夕方到着したシャルルドゴール空港でフランス人のパートナーに
ピックアップしてもらい、車で直接シャンパーニュにアクセスしたので
それなりに遅い時間になりました。


ブジー村の宿に泊まったのですが、基本的に観光地ではないため
街中にも開いているレストランはほとんどありません。

で、ホテルから車で10分位のホテル併設のレストランで食事をとりました。

レストランの名前も忘れてしまいましたが、「軽いコース」のメニューはこちら。

IMG_7618.JPG


アミューズ、スープとメイン1品とのことだったので食べられるだろうと
思ったのですが・・・


まずは地元のシャンパーニュで無事の到着を乾杯。

IMG_7628.JPG

見たこともないエチケットだし、多分フランス国内だけで流通しているような
メゾンのものなんでしょう。

しっかり酸が立っていて、素朴だけどボディがしっかりしていて、
長旅に疲れた身体を癒してくれる味わいでした。

                <アミューズ>
IMG_7620.JPG

                   <スープ>
IMG_7622.JPG

アミューズからスープに行っただけでもう結構お腹がいっぱいです。

スープは、エスカルゴと野菜のシャンパーニュ煮込み、とか言ってました。
生クリームもたっぷり入っていて、かなりボリューミーなスープです。

IMG_7625.JPG

そこにフルサイズのカナル(鴨)のローストが来て。。。。

取り敢えず何とか半分以上は食べたのですが、更になんと
チーズが供され・・とどめを刺されました(笑)。

IMG_7626.JPG

そして予想通り、デザートが・・
これも美味しそうなんですが、こってり系(笑)

IMG_7631.JPG


申し訳ないですが、ほとんど手が付けられずに残しました。

日本人の胃袋はホント小さくてごめんなさい、という感じです。

    ===================

2日目は、シャンパーニュ南部の「コートデバール」の中心地バール市
のホテルに宿泊して、夕食はそのホテルのレストランで。


まずは前菜として頼んだオニオングラタンスープと共に、
とうとう「ロゼ・デ・リセ」を飲むことが出来ました〜。

IMG_7663.JPG

                   <オニオングラタンスープ>
IMG_7666.JPG

ただ、感想としては「ふむ、こんなもんか・・・」といったものでした。

この「肩透かし感」は、かつて飲んでみたくて仕方が無かった
ギリシャのワイン「アギオルギティコ」を初めて飲んだ時の肩透かし感と
非常に似ていました。思わすその時の情景が脳裏に浮かんだほど(笑)

むしろ、その後メインにオーダーした食事の方がインパクトありました。


当日のスペシャリテとしてセットメニューの一つに出ていた「アンドゥイエット」。
私は食べたことが無く、同行したフランス人のブルーノさんに
「これはなあに、どんな味?」と聞いたところ、「もつの腸詰」で
この地方の名物料理だ、というので、チャレンジャーの私は
オーダーしてみました。


出てきたものは何の変哲もなさそうな大き目のソーセージに、
おいしそうなブラウン系のソースがかかっていました。
ビジュアルは悪くありません

そして、ナイフで適度な大きさに切って口に入れると・・・・

IMG_7668.JPG



・・・それは、少なくとも私が今まで食べたことが無いものでした。

香りというか、臭気がすごくて本能的にこれはヤバイものを
口に入れてしまったと・・・
何と表現していいのか、これは多分、現地の人が鼻をつまんで食べる
「くさや」のようなものかもしれません。

海外の方にとっては、我々が食べる納豆だって吐きそうになるくらい
臭いものだと聞きます。

アンドゥイエットが好きな方がこの記事を読んでいたらごめんなさい。

でも、私には想定をはるかに超える代物でした。
かろうじて一口目は意を決して飲み込みましたが
もう二口目に行く勇気はなく、あとは付け合せのポテトだけを食べて
空腹を満たしました。

やはりオーソドックスなものを取れば良かった、とやや後悔しましたが、
それもまた旅の良い思い出です。

世界にはまだまだ知らない食べ物がたくさんあるんだということを
思い知りました(笑)

   =======================

そして、3日目の夜はブルゴーニュ・コートドールの中心都市ボーヌ市の
ホテルに宿泊。

よし、今日こそは美味しいブルゴーニュ料理を食べたいな、と思っていたところ・・・

フランス人パートナーのブルーノさんが、今日は豪勢にスシを食べよう
と言い出したため、フランス人の間でボーヌ市ではNo1と言われている
日本料理屋を訪問することになりました。

当然日本人の板さんが握り、日本人のお姉さんがサーヴしてくれますので、
落ち着くことこの上なしなのですが、遠くに来ている感覚はまるでなく、
寿司も普通に美味しかったです。

IMG_7741.JPG

ワインは、店のリストからサントーバンを選びました。
すっきりしていますがミネラル感が強めで寿司には結構合う感じでした。

IMG_7743.JPG

ワインを求めてブルゴーニュに行って寿司を食べてる日本人、なんて
あまりいないでしようね(笑)。。。。

ということで、その翌日はもうパリに出てパリ在住のワイン仲間と
飲みましたので、シャンパーニュ、ブルゴーニュ地方での食事は
どれもノーマルではない点でなかなか思い出深いものとなりました。


で、今回特に印象に残ったのは、どこで食べても朝食のクロワッサンが
非常に美味で安定感があったことです。

フランスに行くといつも感じますが、本当にパンが美味しいです。
翌朝、ボーヌのホテルの朝食のクロワッサンも美味しかったし。

IMG_7749.JPG


欲を言えば、もう少し現地のメジャーな料理を食べたいような気もしますが、
なかなか良い経験ができました。
これからも、失敗してもチャレンジを続けていこうと思います。


ということで、この後パリに行ったり、といろいろありましたが
今回のシャンパーニュ、ブルゴーニュ紀行は、ここでひとまず完了します。
長文失礼しました。


 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

シニア(エキスパート)受験を終えて(その2)



本年のシニアエキスパート合格者は全国で61名
そのうち1回目の受験で合格した人は43名だったようです。

この数字を見て、私も1発で合格することが出来て本当に良かった〜
と胸をなでおろしています。


thumbnail_IMG_7295.jpg
       <この画像は、JSAのテイスティングセミナーの供出ワイン>


前回は、シニア試験のうち主に机上の勉強が求められる一次試験のお話をしました。
一次対策のツールとして使ったものを以下に補足しておきます。


1.日本ソムリエ教会 教本(2016年版)

 → 項目によって執筆者が違い、内容にバラつきがあるのは仕方が無いとして
   (大分是正されてきましたが)、やはり日本でワインに携わろうとする人達にとって
   基準となる本なので、絶対に押さえなければなりません。

私はポイントと思われるところを片っ端からノートに書きまくり、5冊ほどの量感になりました。
仲間の中にはそのノートが十数冊になっていた人もいました。

ちなみに一般資格の時はノートは作らず、ADVの受験講座テキストを読んで
過去問を解いていただけでしたから、一般資格の時よりも勉強したように思います。


thumbnail_IMG_7823.jpg


2.日本ソムリエ教会 会報誌「Sommelier (ソムリエ)」過去約1年分

 → ワイン業界のトレンドが掲載されていて、ワイン誌として捉えても
   読み応えは十分です。この中にも教本以外の出題のネタが
   たくさん入っています。
   シニアを目指すのであれば、JSAの会員になるのは大前提だと思います。


3.スマホアプリ(無料) 「ソムリエ試験完全対策“カーヴ”」

 → 無料アプリですが、項目・難易度別に大量の問題が入っており、
   素晴らしいです。私はこのアプリを通勤の電車の中でやって、
   忘れかけていた一般資格レベルの知識を固めました。
   アプリのレビューには、答えが少し違うとか、使い勝手が悪いとか、
   無料で使わせてもらっているということを棚に上げて
   批判する失礼な輩も一定数いますが、これは最大限活用すべきと
   思います。だって、タダなんですから
   私は作成元に対してとても感謝しています。


一次試験はそんなところで、ともかく知識を入れることに腐心し、なんとか通過。


そして、二次のテイスティング対策でも苦労しました。


thumbnail_IMG_7242.jpg


一般資格と違ってかなりマニアックな品種も出題されるので、
主要品種、準主要品種だけでなく、地ブドウでメジャーなものにまで
対象を広げて練習しました。


一次の合格発表から二次試験までは本当に苦しい毎日で、
田崎ワインサロンの直前対策講座をいくつか受講するのと、
仲間との練習会自宅での自主錬と毎日ワイン付けになりました。


毎日、白赤それぞれ5−6本開けて、オープンで(銘柄がわかる状態で)
比較試飲をしてコメントをするという方法です。
吐き出すにしても当然1日では飲みきれないので、窒素ガスを入れて保存し、
3−4日同じボトルを並べて練習したら(酸化も進んでしまうので)、
とりあえず残りは流して次のボトルを開ける、ということを1ヶ月ほど続けました。
ざっと数えて、約1ヶ月で60本ほど開けました。


しかし・・・これがまた対象を広げすぎたため主要品種まで
よくわからなくなってしまい、二次試験直前まで混乱状態で当日を迎えました。


二次試験の出題は以下が正解でした。

それも、国・地域・地区・品種を原語で書け、という出題でした。
昨年は品種、国、品種を書け、という問題(原語というキーワードも無かった)
だったと聞いていますので、今後は原語でちゃんとわかるようにしないといけない、
ということですね。

田崎先生がASI(国際ソムリエ協会)の会長でもあるので、
世界を見ろ」ということなんだと思います。


白1.オーストラリア ハンターバレー セミヨン

白2.南アフリカ ステレンボッシュ シュナンブラン 

赤1.アルゼンチン メンドーサ マルベック

赤2.イタリア トスカーナ キャンティクラシコ サンジョベーゼ

ワイン以外.ホワイトポート


混乱していた割にワインは2種類当てられましたので、通過しました。
この中で、2のシュナンブランは、6月のフォローアップセミナーで
供出されていました。

ただ、これは品種や国を当てるというよりも、
テイスティングコメントが当たっていれば点数は取れるということで、
周囲の仲間の合格状況を見ると品種の正解率と合格には
相関関係が薄いように感じます。


thumbnail_IMG_7225.jpg


三次試験は論文で昨年までと形式が変わることも予想されたのですが、
対策として何をやっていいものやら見当がつかず、やはりオーソドックスに
想定問題に対する答案を作ることを繰り返すしかない、と考えました。

自分でも数問の予想問題を作って答案を作ってみたりしていたところ、
受験仲間の一人が勉強会の開催を提案してくれました。

有志数名で予想問題と答案例を作成し、持ち寄ってまずは問題を解き、
後ほど答え合わせをする、という形式でした。

8人が集まっての勉強会はその後の飲み会も含めて大変盛り上がり、
結局この時に持ち寄った問題の中から出題があったので、
参加者はバッチリ書けたという次第でした。

どんな試験でも仲間の存在は大きいものですが、
今回もそれを改めて感じさせてくれる結果になりました。

三次試験本番の出題は以下の通りでした。
(正確ではないかもしれませんが、こんな趣旨です)

1.レストランにワインを持ち込むときの留意点について箇条書きで書け

2.サスティナブル栽培について書け


受験対策は年初から(私は4月からでしたが)、
終わって結果の発表が11/22と
今年のほとんどを費やした試験でしたが、
チャレンジして本当に良かったと思います。
知識がしっかりと身に付いたように感じます。


thumbnail_IMG_7269.jpg


ソムリエのシニアはそこそこの人数がいますが(3000人強)、
シニアエキスパートは今年の合格者を加えても全国で400人強
あまり多くなく、知名度もまだまだ低いので、
ご興味のあるエキスパート保持者の方は是非チャレンジされることを
お勧めします。


シニアを取ったといっても、ワインの世界はまだまだ知らないことが多く、
それこそまだまだ全然わかっていない」ということを思い知ったことが、
私にとってシニア受験を通して認識した最も重要なことであるように思います。


今後、WSET Diplomaのチャレンジも含め、引き続き研鑽を続けていこうと
改めて感じました。




 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする