2015年08月16日

「ダブリュー表参道ザセラーグリル」でグリル料理の底力を実感(ワインは勿論!)


爺のホームグラウンド「ダブリュー表参道」は、ワインだけでなく

グリル料理の実力も素晴らしかった! (今更、ですが・・)



IMG_5250.JPG


爺が、恐らく日本中のワインバーの中で最も数多く通い、最も世話になっている店です。
最初にお邪魔したのはもう5年以上前のことでした。


この店は、当時はまだ珍しかった、店内の壁一面に並べられたワインボトルを購入して
そのまま「持込料(現在は600円)」を払って店内で飲める、という業態のワインバーです。

通常お店でワインを頼むと、ボトルの料金は「街売りの値段の約3倍」が相場
といわれているのですが、この業態だと街売りの値段にちょっと上乗せするだけで、
そこそこ良いワインが飲めます。


それまでは「ただのワイン好き」だった爺が、表参道にあるワインスクール
アカデミー・デュ・ヴァン(ADV)」に通うようになって、授業の後帰り道に
クラスメートと立ち寄るのにちょうどいいロケーションだったことから、
ちょくちょくお邪魔するようになりました。


ワインの資格受験時代は、奥にある部屋を借り切ってテイスティングの勉強会
やらせてもらったり、従業員のソムリエの皆さんに指導してもらったりしました。

その後もワイン関係の方とお会いしたり、ADV時代の仲間と集まったりと、
今でも2−3ヶ月に1回は必ずお邪魔している大好きな店です。

それだけ親密な店にも拘らず、今まで本ブログの記事にしてこなかったのは、
多分近過ぎて今更敢えて書かなくても、という気持ちがあったからかと思いますが、
今回お邪魔して普段とは違うものを頼んでみたところ、この店のポテンシャルを
改めて再認識したので、記事にしてみることにしました。

銀座線・半蔵門線表参道の駅を降りて紀ノ国屋スーパー方面の出口階段を上りきって
すぐの路地を入ると、大きなワインボトルのサインが置いてあるのですぐにわかります。
地下に続く階段を降りていくと、店の中がお客さんで賑わっている様子がわかって、
いつも、これから過ごす楽しい時間の期待にワクワクさせられます。


今回はふと思い立って、いつもワイン会の最後の方で何となくオーダーしている
「牛肉のグリル」が食べたくなったので、お店の中央部に位置するグリラーを囲む席で
グリル料理を食べることを目的にお邪魔しました。

思い返すと、こちらの店名には「セラー・グリル」と入っているのに、いつもセラーばかりで、
意識してグリル料理を食べたことが無かったのでした。


席について顔馴染みのスタッフさんと雑談しながら、まずはプロモーション中の
泡のラインナップからシャンパーニュ「デュラモット・ブランドブラン ハーフボトル」
(3890円)をセレクト。

ご存知の方も多いと思いますが、この銘柄は出来の良い年には「サロン」に使われる
ブドウを使っているもので、「サロン」の妹分メゾンと呼ばれています。

違いはサロンが単一の村のブドウを使っているのに対して、ドゥラモットは他に3か所の村の
ブドウも使っていることです。
特にこの「ブランドブラン」はシャルドネ100%なので、まさにサロンと同じニュアンスが
味わえる逸品です。


IMG_5240.JPG


青リンゴや洋ナシ、白い花などのミネラリーで複雑なアロマを愉しんでから一口飲んで味わいます。
辛すぎず丸みのあるアタックで、スッキリとした味わいです。

去年開けたサロンの1999はちょっとまだ硬かったことを思い出して、
同じ畑のシャルドネでも他の村のシャルドネとのブレンドによって
味わいの印象はずいぶん変わるもんだな、と改めて感じました。

今回はともかくグリル料理を楽しもうと思っていたので、まずオーダーしたのは野菜のグリル。
もちろん野菜は1種類ずつ選べます


IMG_5243.JPG


玉ねぎ、シイタケ、ズッキーニ、パプリカの4種類でもお皿はいっぱいです。
味付けは、シンプルに塩コショウだけと思われますが、野菜自体の旨みがよく出ていて本当に美味しい。
これらがドゥラモットと絶妙に合います。悶絶ものです。


IMG_5241.JPG


続いて、「厚切りベーコンのグリル

これも初めて食べましたが、巧い感じに脂が落ちていて、味わい深いです。


IMG_5245.JPG


さて実はこの日、家からバンジャマン・ルルーのブルゴーニュ・ルージュをBYOで
持参していたのですが、開けて飲んだところドュラモットの繊細さや旨みに比べて
ちょっと味わいに欠ける感がありました。
(後日注:BYOについて/残念ながら、最近自分で持ち込むことが出来なくなった
とのことなのでご注意ください。2015年12月記)

そこで、奥のセラーに行ってスタッフさんにいくつか最近入荷したおススメを聞いて選んだのは、
ドメーヌ・ドニモルテのマルサネ2004(ロンジュロワという畑)です。

ジュヴレ・シャンベルタンの有名ドメーヌが、マルサネのブドウでどんなワインを作るんだろう、
という単純な興味と、ドニモルテにしては安い(なんと1万円を切って9500円!)という
しょうもない理由で選んだのですが、開けて飲んでみてびっくり、素晴らしいワインでした。


IMG_5246.JPG


まずマルサネはニュイ地区で最北に位置しており、ワインの色も明るいイメージだったのですが、
これはとても深い色合いです。

そして香りはとても複雑でした。赤系ベリーを中心とした馥郁としたアロマ、アタックは
柔らかいですが、味わいはマルサネらしい軽やかさを保ちながらも凝縮した果実感のある
深みのある味わい。プルミエでもなんでもない畑なのに十分に楽しめます。

このドニモルテを飲んでいると、ついに本日のメイン「イチボのグリル」が登場。
外側はしっかり焼き色が付きカリッと焼きあがっていますが、
内側はほんのり火が通った状態でとてもジューシーです

美味過ぎます。


IMG_5248.JPG


このメニュー、いつも仲間とやっているワイン会では、最後の方で
若いメンバーは肉が食べたいだろう」くらいの気持ちで頼んで
結局自分は食べないうちにお皿が空になっていたりしていたのですが、これは旨い!!

今まで何というもったいないことをしてきたのだろう、と思わず反省しました。
ダブリューの店長やスタッフの皆さんに対しても申し訳ないですね、ちゃんと評価しないと。

いやー、美味しかった。
あらためて、ダプリューの実力を思い知った夜でした。



さて、こちらのお店は奥に個室があって、貸し切りのワイン会などが気楽にできますので
いろいろな会に使われると良いと思います。

8人(半分のスペース)から16人くらいまでの規模での会が可能です。
ただ、最近相当人気がありますので、行こうと思ったら早めに予約することをお勧めします。



東京都港区北青山3-10-6 青山パークスビル B1F
03-3400-3552


 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村



posted by 煩悩爺 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

元麻布「エクアトゥール」で絶品料理とファインワインを堪能

”天国に一番近いレストラン” 「エクアトゥール」でのワイン会記録(その3)


ほぼ1年半ぶりにお邪魔してきました。

こちらはなかなか予約が取れないことで有名ですが、
たまたま予約を持っていた友人が都合が悪くなって譲ってもらったため
お邪魔することが出来ました。


前回は、シャンパーニュの伝説的な造り手アラン・ロベールの作品
「トラディション1986マグナム」を味わう会で、「深い森の中を彷徨うような」
体験をしました。→ 詳細はこちら
今回は特にテーマは無く、「皆で飲みたいちょっといいワイン」を持ち寄ろうと
いうことにしていました。

もう何度もお邪魔しているにも拘らず、相変わらずわかりにくい場所にあります。
マンションの二階の普通のドアの脇に小さく屋号が出ているだけです。


IMG_5019.JPG


しかし、扉を開けるとその先は別世界です。
今回も「非日常」を味わわせてくれました。

スターターの泡は、ジャック・セロス イニシァル
こいつで乾杯。

セロスの造るシャンパーニュの中では最も廉価版(?)ですが、
トーストや蜂蜜、吟醸香といった複雑で素晴らしいアロマで、
序盤からノックアウトされました。

デゴルジュマンは2012年で既に3年経っており、
十分飲み頃かと予想していた通りの恍惚感のある味わいでした。


IMG_5020.JPG


アミューズ オクラと雲丹とアオサのジュレ、冬瓜、ホタテ、隠し味は青ゆずの皮。
仄かに香るゆずの青臭さにセロスのアロマが絶妙に合います。


IMG_5022.JPG


2本目は、アルザス・グランクリュ2007 ワイン名は控えそびれましたが、
珍しい混醸もので造り手は有名なマルセル・ダイス。

このワインはあえて甘味を残す作り方をしており、合わせる食事は若干難しいのですが
シェフに事前に持込ワインを伝えていたからか、バッチリの料理が出てきました。


             ハモとオマール海老、オマールの肝ソース


IMG_5024.JPG


ハモとオマール海老という、和と洋の食材の代表選手を合わせて、
甘味と苦味の残る濃厚な肝のソースに浸したものですが、
これが甘味のあるアルザス白と絶妙なマリアージュでした。


こちらにお邪魔するたびに、食材の組み合わせの妙を堪能させてもらうのですが、
この日も組み合わせの素晴らしさは冴え渡っていました。
和の食材でも、洋風の調理法で和食とは違った魅力を引き出すところが凄いです。


次のお皿は「アワビと鴨ナスにホースラディッシュを添えて
残念ながら写真を撮るのを失念してしまいました。

3本目の白は、ピュリニーモンラッシュ1er、2009 造り手はロッシュドペレール

上品な樽香がかかった、すっきりとしたシャルドネにアワビの旨味がとても引き立ちます。


次は魚でしたが、赤ワインに進みます。
4本目は、カルフォルニアのピノノワール。

全然知らない造り手で、同席した友人夫妻(相当なワイン通)が、
ナパにいった際に気に入って買って来たものだそう。

小さなワイナリーのものなので、日本には入ってきていないようです。
ちょうど飲み頃とのことで持ち込んでくれました。


           穴子とアマダイのグリル


IMG_5026.JPG

これがまた絶妙な火入れで、アマダイの皮のパリパリ感が絶妙でした。
濃厚なソースなので、赤ワインにもしっかりと合います。

メインは、ルーアン鴨のロースト、フォンドボーと赤ワインのソース
これはまた火の通り方が素晴らしいです。


IMG_5028.JPG


これに合わせる5本目の赤は、レ・フォール・ド・ラトゥール2001


ボルドー5大シャトーの中でもトップを争う名門Ch. ラトゥールのセカンドですが、
2001年くらいのヴィンテージ(といっても14年経っていますが)だったら、
レフォールの方がこなれているだろう、ということで持ってきてくれたものです。

サーブされたグラスから立ち上る馥郁とした香り・・・ゴージャスです。
最近ボルドーワインを飲む機会がめっきり減ってしまいましたが、
たまに飲むと美味しい! 
やはり王者の風格があります。

とくに格付けシャトーのような名門は、香りも味わいも絢爛豪華です。

しかし、このレフォールもまだまだそのポテンシャルを開花させるには
些か早かったように感じました。
14年経っていてもまだ少し堅いというか、若いというか・・・

しばらく放置していたらだんだん開いてきましたが、
まだあと10年くらい寝かせた方が良かったかも、なんて
持ち込んたオーナーは話していました。
でも、私にとっては十分素晴らしいワインでした。

素晴らしいワインと素晴らしい料理を十二分に愉しんだ後で、
デザートと共に愉しむ6本目の〆泡は、エグリ・ウーリエGCミレジメ2004。


IMG_5034r.jpg


これも素晴らしいシャンパーニュです。
フランスで最も権威のあるワイン雑誌から
最高評価3つ星を獲得した8社の中に入っている造り手です。

また、その中で大手メゾンではないRM(自社畑で採れたぶどうを使う小規模生産者)では、
ジャックセロスと共に2社しか入ってません。
それだけフランス国内でも評価が高い生産者で、私も大好きな造り手です。


デサートはメモし忘れたのですが、相変わらず何とも言えず美味しいデザートてした。

IMG_5032.JPG


さて、このエクアトゥールさんは、7−9月の間はお休みになります。
その間フランスに行ったり、この期間限定のイタリアンのお店もやるとのことです。




東京と港区元麻布3−6−34
(予約はウェブサイトから、のみとなっています) 



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

千駄ヶ谷の隠れ家ビストロ「北参道ラ・カーヴ」でグリル料理を堪能しつつワインを愉しむ


北参道というエリアは明治通りの千駄ヶ谷から渋谷に向かった界隈ですが,
今までは東京人にもあまり馴染みが無く、地下鉄副都心線が開通して
駅が出来たことで漸く日が当たるようになりました。

この辺りは、もともとJR千駄ヶ谷から徒歩でアクセスするしかなかったため、
よそ者があまり来ないということで、界隈に住むファッション業界人や
マスコミ関係者が集うお洒落な店が点在しておりました。


今回、私の帰京の日程に合わせて、ワイン友の行きつけの店で
ワイン会をやることになり、この「北参道 ラカーヴ」さんに
お邪魔してきました。

1階がワインバーの「アトリエ・レ・カイユ」という店で、
もう3年ほど前にできたようですが,このラカーヴは同じオーナーで
1年ほど前にできたとのこと。

1階のワインバー入り口の脇にある、ちょっと見つけにくい
細い階段を下りていくと、そこには照明を抑えたクールな内装
ビストロがありました。

1階の間口からは想像の付かないほどの広い空間で、
控え目の音量でジャズが流れています。

ちょうど我々の席がオーディオセットの脇だったので、
通されてまず目に入ったのが、真空管アンプとJBLのスピーカーでした。


これだけでも評価はバッチリです。
爺は、実はかつてミュージシャンの端くれだったこともあり、
今でもオーディオマニアです。

離れたところにはアイランド式のカウンターがあって、
その真ん中あたりに2箇所ほどは暖炉でしょうか、小さな炎が
立ち上っています、

後で聞くと、それは最近インテリア業界で流行している
エタノールバーナー」というユニット暖炉で、
配管などが不要で簡単に設置できる設備のため
採用する店舗が増えているようです。

照明を落とした空間にゆらゆらと揺らめく炎・・なかなか
幻想的で落ち着きます。


さて、こちらのお店は併設されたセラーから在庫のワインを
自分で選んでくるシステムになっています。
また、ワインの持込もOKです。(持込料は@1500円)


                        <店内・セラーはこんな感じ>

IMG_4051.JPG


料理のセレクトは仲間の常連さんにお任せしました。

まずは、友人の持ち込んだシャンパーニュ・パスカルドケのロゼで乾杯。

IMG_4048.JPG


ロゼと言ってもグリと表現してもいいくらいの淡い色です。
味わいはすっきりとしてクリアながら余韻はしっかりしています。

これに合わせる前菜の盛り合わせ

IMG_4053.JPG

どれもちゃんと手がかけられていて美味しいです。

続いて、ホタテと山芋
山芋のしゃきしゃきした歯ざわりが、ホタテの甘味とマッチして
絶妙な食感です。

IMG_4055.JPG


次に、きのこのスフレ
トリュフの香りが絶妙で美味しい。

IMG_4057.JPG


合わせる白は、先日JSAの試験に合格したばかりの後輩が
お店のセラーから選んで来ました。
香りが高くてとても卵料理に合います。

ゲヴェルツほど香りが強くないものの、香りの中に
甘いトロピカルフルーツのニュアンスがあって
味わいにはややスパイスと苦味が感じられたので、

ヴィオニエかと思ったら、アルザス、マルク・テンペの
ピノ・ブラン100%でした。

まんまとしてやられましたが、なかなかのセレクトです。

IMG_4060.JPG


牡蠣のパイ包みチャウダー

パイが牡蠣の旨味と香りを閉じ込めてくれて、
チャウダーもパイ生地も滋味深く美味しいです。

IMG_4063.JPG


ここで、合わせる白はブルゴーニュ・マコネ地区の
ヴィレ・クレッセです。

先ほどのピノプランとは全く違う方向性の「良く出来たシャルドネ」です。

IMG_4065.JPG


そしていよいよ当店のスペシャリテ、カナル(かも)のロースト
これはビジュアルもなかなかですが、お味や食感も素晴らしいです。

IMG_4067.JPG


仲間の持ち込んだヴォーヌロマネ2009、作り手はジャン・グリボ、

お決まりではありますが、やはりカナルにはピノノワールが最高に合います。

IMG_4066.JPG


最後のメインは、山形牛のランプ肉のグリルだったんですが、
素晴らしいビジュアルにすっかり盛り上がってしまい写真を撮り忘れました(汗)。
これも美味しかったです。

それに合わせて、私が持ち込んだイタリア・トスカーナの「ルチェンテ2008

IMG_4069.JPG


トップキュベの「ルーチェ」よりも早飲みが可能で万人受けする味わいが、
私の大好きなワインです。

こちらのお店は肉のグリルが得意と聞いていたので、ちょっと邪道かと
思ったんですが、絶対に肉に合うものを持ってきた次第です。
予想通りパッチリ合いました。

この後は、チーズやらナッツやらいろいろとってダラダラしましたが、
ワインの締めはこちら、クローズ・エルミタージュ2011
(作り手は、ドメーヌ・デ・ザントルフォ)。

何となくシラーが飲みたくなったので、お店のセラーから選んでみました。

IMG_4072.JPG


こちらのお店、料理が美味しいうえに、セラーの品揃えが良くて、とても気に入りました。

コストパフォーマンスは、これだけ飲んで食べて、だいたい
@7000円くらいでしたから、まずまずかと思います。

場所柄お忍びデートにも使えるし、普通のワイン会にも使え、
使い勝手がよさそうです。
飲み会の場所の設営に悩んだら、是非使ってみていただければと思います。



〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-27-4 小林ビル B1F
TEL 03-6447-4356



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。