2014年09月24日

ニュージーランド 小山ワイナリーのリースリングとピノノワール


久しぶりにお気に入りのワインをご紹介します。


お気に入りと言っても、今回は普段からちょくちょく飲んでいる
ワインではなくて、先日知人に紹介されて飲む機会を得たところ、
とても良かったので是非皆様にも紹介したいと思いまして。


IMG_3702.JPG


私は、もともとその存在自体を知っていましたし、多分何度か
飲んだことがあるのですが、いずれも大勢参加するワイン会などでの
1杯でしたから、今回じっくり飲むのは初めてでした。

ニュージーランドのワイパラという地区で、日本人の小山さんが造る
リースリングとピノノワールです。



リースリング2013


このワイン、ブドウにパワーがあるのがはっきりと感じられます。
NZのワイパラという場所は南島カンタベリーの近くで気候は冷涼のはずですが、
このワインからは地中海のような陽気な太陽を感じます。


アルコール度数13.2%と高いにも拘らず残糖が結構感じられるということは、
果実の熟し方が半端ではないのでしょう。


土壌、サイトの選定から台木やクローンの選び方、木の仕立て方など、
多くのパラメーターを精緻に検討して畑を作り、細かいメインテナンスを
継続して行ったとしても、すべて理屈通りにならないのが農作物です。


理論とそれに裏打ちされた実践と試行錯誤、そして運が巧くかみ合うことによって
漸く素晴らしい果実が得られるものです。

我々が何気なく口にして美味しい、と感じるまでの過程には、
生産者の皆さんのたゆまぬ探究と努力が隠れていることに感謝して
味わうべきと私はいつも思っています。


このワイン、まず香りが素晴らしいです。


注いだ瞬間から、かんきつ、トロピカルフルーツ、干したアプリコット、
陽だまりの枯草、テルペン香、蜂蜜、ハーブ・・などグラスから複雑で
強く芳しいアロマが立ち上ります。恍惚の瞬間です。


旧世界のリースリングが、ほっそりした中背のストレートヘアの白人美女
だとしたら、こちらは少し日に焼けた小柄だけどグラマラス、年の頃は

20そこそこでアジア系の血が4分の1ほど入っている健康的なラテン系
女性のイメージです。


口に含んだ瞬間、リースリング特有のシャープな酸と同時にフルーティな
甘みがじんわりと広がって、懐かしく幸せな感覚に包まれます。
甘味のあるリースリングを飲むのは久しぶりだけど、美味しいです。


子供のころ、風邪をひくと母親がハニーレモン(温めたレモン果汁に蜂蜜を
溶かしたもの)を作ってくれて、それを飲むと体が温まってホッとした感覚を
思い出しました。そんな、どこか懐かしく滋味深い味わいです。


甘いけれども甘ったるくはない、酸と甘味の絶妙なハーモニーが楽しめます。


モーゼルのアルコール度数8.5%くらいの銘醸畑のものを飲んだ時にも
同じような感覚に捉われたことがありますが、でもその時はもう少し
線が細い印象を受けたような気がします。
このワインに冷涼感はあまり感じられません。


IMG_3658.JPG


最初に開けた時は、リースリングに合わせる定番のキッシュをつまみにして
楽しみました。

それはそれでとても楽しめましたが、多分これはもっと強い味にも
合うだろうと、残しておいて翌日、白身魚(ちょうど太刀魚の刺身が売って
いたので入手)と九州特産の刺身醤油(甘口)も試してみました。


予想通りめちゃくちゃ合います。

ついでに買ってきたバッテラ(サバの押し寿司)は甘めの寿司酢が
使ってあるので、その甘味とリースリングの残糖が何か
示し合わせたかのように合います。


IMG_3660.JPG


素晴らし過ぎるマリアージュ。
たっぷりとそのポテンシャルを楽しませていただきました。



 ウィリアムヴィンヤード ピノノワール 2012


次は、赤、ピノノワールです。

このワインも素晴らしいです。
でも、あまりニュージーランドっぽくないのです。


IMG_3699.JPG


私は、このワインを北米の名門、オーボンクリマとかカレラの
ピノノワール(PN)と言われて出されたら、多分全然疑わずに
飲んでしまうと思います。


ニュアンスが北米のちょっと寒いところのPNに近いからで、
樽の掛け方が北米と少し違うくらいの差でしょうか。
要は、完成度が高い印象ということです。ブラインドで出されたら
絶対に外す自信があるくらい(笑)。


私の中でのニュージーのピノノワールは、もう少し色が明るくて、
もっと果実感が高くて“いちご〜ブルーベリ〜”みたいな、
女性に例えると熟しかけている女子大生といったイメージなのですが
こいつはもっと成熟しています。


ます。色も明るいというよりは、ガーネットに近いドスの効いた感じの
ルビー色だし、一瞬グラスに注いだ色合いに、カベルネソーヴィニヨンとか
カベルネフランを連想しましたが、立ち上る芳しい香りは紛れも無く
PN姫のDNAを感じます。


でも、生まれは高貴ながら大自然の中で育った自然児の荒削りな個性が
感じられて、それがまたちょっと不良っぽい魅力に繋がっている感じです。


香りの総合的な印象は、両親の仕事の転勤で幼少時代は地方を転々として育ち、
今は仕事もバリバリこなし恋愛経験もそれなりに積んだ、30代前半の
“いい女”といったイメージです。


明らかにPN一族なのに、赤系ベリーよりも黒系ベリーのニュアンスが強く、
プラムやももなどWSET的に言うとストーンフルーツの香りが奥に感じられ、
甘草とか丁子とか樽由来と思われる複雑なスパイス系の香りも強いです。

素晴らしいバランスです。
そして100%陽気ではなく、僅かばかり陰性なニュアンスも感じられます。
やはり、ワイパラという冷涼な地域の生まれと育ちだからでしょうか、
このワインはどこか物悲しいベールをまとっています。


口に含んだ時に広がる情景は、よく晴れた秋の夕暮れ、湘南の森戸海岸の
駐車場に停めた車の中で、30代前半の美しい彼女と一緒に沈み行く夕日を眺めて
幸福感に浸りつつ、この幸福は刹那的なものであって永遠に続くものではない
ことをお互い気づいているけど口には出さない、みたいなイメージです。
(注:私は、現実にはそんな経験しておりませんのであしからず・笑)


嫌味の無い酸、上品でふくよかなボディ、そして長い余韻。
一口ごとに熟度を増していく色っぽい味わい・・・こんなワインを気軽に
楽しめる幸せを噛みしめてしまいます。

今回、このワインに合わせる食事はちょっと手抜きしてしまいました。

PNに敬意を表してブフ・ブルギニオン(ブルゴーニュ風牛肉の赤ワイン煮)
くらい食べたかったのですが、さすがに自分で作るわけにもいかず、
デパ地下に買いに行く気分でもなかったので、出来合いの簡単なものにしました。


IMG_3694.JPG


最近「予約でいっぱいの店“ラベットラ”のパスタソース」なるものが
市販されていて、レトルトパウチのままお湯で温めて、茹でたパスタに
かけるだけなんですが、これがなかなかの優れもので、レトルトと
思えないくらい美味しいんです。


IMG_3697.JPG


テイスティングをした日は、いくつか種類が出ている中で
ブフ・ブルギニヨンと「牛肉」「赤ワイン煮」という点で少し共通項がある
オーソドックスな「ボロネーゼ」ソースを温めてこのPNに合わせてみました。

これがまたなかなかいける!!


生産者の小山さんには大変申し訳ないのですが、レトルト食品と
一緒であっても、素晴らしいポテンシャルを十分堪能させて
いただきました。


ご興味ある方は、こちらから買うことが出来ます。



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 00:22| Comment(3) | TrackBack(0) | お気に入りのワインなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

BB&R クレマン・ド・リムー お気に入りの普段飲みスパークリング



関東甲信地方が先週末梅雨明けしてまだ1週間なのに、毎日ほんとに暑いですね。 
私も身体が暑さについていけず、ちょっと夏バテ気味です。 

こう暑いと、毎日飲むワインも赤には手が伸びず、どうしても
泡/スパークリングワインに手が伸びる方も多いと思います。 
私も梅雨明けしてからの1週間は、摂取ワイン量の3分の2が泡です(笑)。 
私はもともと一部の人たちから「泡男(?)」と呼ばれるほど
スパークリングワインが好きで、最初から最後までスパークリングワインで通す
泡会」なるワイン会を主催するほどなのですが、
やはり全体的に泡ものはコストが高くつくので、そうそう毎日
「シャンパーニュ」をぽんぽん開けるわけにもいきません。 
限りある資金の中で、如何に有効に資金を使って美味しいワインを飲むか、
というテーマは多くの皆さんがご腐心されているところだと思います。 

今回は、泡好きの私がシャンパーニュに匹敵するニュアンスの安旨泡を探して
・・それこそ、スペインのカヴァに始まってチリのコノスル、オーストラリア、
NZまで、日本市場に出回っている入手しやすい泡を飲みまくった結果
到達した現時点でのベスト、お気に入りのスパークリングワインをご紹介します。 

  BB&R (ベリー・ブラザーズ・アンド・ラッド) クレマン・ド・リムー 

cremont.jpg

  ※BB&R (ベリーブラザーズアンドラッド)社は、イギリス最古(=世界最古)のワイン商で
   英国王室の御用達業者です。日本支店は丸の内にあります。(後日注:その後神田橋に引っ越しています)


定価は1本1890円ですが、同社のサイトでは時々プロモーションをやっていて、
時期によっては10%引きの1700円くらいで買えることもあります。 
(後日中:2018年9月現在価格は2430円に変更されています)

私は、たまたま以前からBB&Rさんの日本支店にお世話になっていたので、
紹介されて飲んだところ、ほとんどシャンパーニュとそん色ない味わいだったので、
びっくりしました。それ以来、普段飲みはもっぱらこいつです。 

BB&Rのサイトには、
美しくバランスのとれたワインで、果樹園のフルーツとハチミツのような甘さのある
スパイスのエレガントなアロマがあります。口に含むと、まずエキゾチックで
フルーティな味わいが、次にすっきりとしたミネラル感が現れます。」

といったような趣旨のコメントが載っていました。 
確かに、とてもフルーティでバランスの取れたワインだと思います。

品種は、70%シャルドネ、15%シュナン・ブラン、15%モーザックのブレンドで、
シャンパーニュと同じ、いったん無発泡のワインを造ってからわざわざビンに
詰め替えて再度発酵・熟成させる、瓶内二次発酵方式」をとっています。 

BB&R社が生産を委託している作り手は、南仏ラングドック・ルーション地方リムー地区
の中でも名門の家族経営ドメーヌである Antech-Limoux (アンテッシュ・リムー)です。

現在は6代目当主にあたる Françoise Antech (フランソワーズ・アンテシュ)女史が
女性の感性を活かしたワイン造りを進めてい.るそうです。 
じっくり味わってみると味の深みや余韻など高級シャンパーニュに比べると
やや弱いので、敏感な方だと違いがわかると思いますが、私はブラインドで
出されたら、「美味しいシャンパーニュですね〜」などと言ってしまうかも
しれません。 

しかし、このクオリティが2000円ちょいで入手できるのは、まさに驚愕です。

かつてカヴァのロジャーグラートを初めて飲んだ時も衝撃を受けましたが、
このクレマンもなかなかのものです。 
難点は、その辺のスーパーでは売ってないので、購入の際は同社のサイトで注文
もしくは直接注文する必要があること、それと送料がかかることでしょう。

また、時期によっては品切れになっていることもあり、多少不便なので、
私はサイトをこまめにチェックしていて在庫がある時にダース単位で取り寄せています。 
気軽に開けられるうえに、優しくシンプルな味わいなので、いろいろな料理に
合わせやすく、私はこんな感じで自家製「お好み焼き」にも合わせたりしています。 


お好み焼き.jpg


ご興味のある方は、ベリー・ブラザーズ・アンド・ラッド(BB&R)日本支店のサイトをチェックしてみてください。 
クレマンのような普段飲みワインからDRC、アンリ・ジャイエまで幅広く扱っています。




あっ、ちなみに申し上げておくと、私が最も好きな泡はこちらです。
(いわゆるクリュッグ”ですね) 

決して安ワインばかり飲んでいるわけではなく、たまにはちゃんとしたワインも
飲むように心がけています(汗)

私は小心者なので、50歳を過ぎた今でも何かの際にしか開けることはできませんが、
いつかこいつを毎晩気軽に開けられるような身分になりたいものです。(無理でしょうが・・・笑)
とりあえず、普段はクレマンドリムーを飲んで資金をセーブしています。

krug.jpg

それでは皆さん、美味しいワインを飲んで、この暑さを乗り切りましょう。

アルコールには利尿作用があるので、この時期は水分補給をしながら飲まないと
脱水症状や熱中症を起こしやすくなります。


体を壊さないよう、くれぐれもお気をつけください。



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。押すだけで結構です。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村



posted by 煩悩爺 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りのワインなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする