2013年11月30日

#2 シャンパーニュメゾン訪問で生産者と語らう(Pol Roger)

  欧州旅行記 その4

  シャンパーニュ(エペルネ)訪問記 その2
  POL ROGER 


私の訪欧記録も今回で最終回です。 

前編で訪問した 「R&L LEGRAS」からタクシーでエペルネの中心街に戻って
昼食を摂っていたら、それまで小雨模様で終日雨の予報だったにも拘らず
なんと晴れてきました

自分では「スーパー晴れ男」を自称していますが、
ここまで何度もタイミングよく晴れてくれるとちょっと気味が悪いくらいです。

俺はモーゼか???!!(笑) 

そんなこともあって我々は気分良く、午後のアポイント先の
老舗、名門、かつ大手のPOL ROGERに向かいました。 

POL ROGERは「駅から歩いて5分」と聞いていたし、
午前中にLEGRASに行くタクシーで通った目抜き通りの
Avenue de Champagne沿いで見かけたので、
簡単に行きつけるだろうと考えていたのですが、そんなには甘く無かったです。 


                 <晴れた空とシャンパーニュ大通の入口サイン>
d_MG_0812.jpg

目抜き通りに面している建物は、ワイナリーと倉庫で、
訪問者接待用のシャトー兼事務所は別の場所にありました。
その情報は昨年ここを訪問した友人の情報で知っていたのですが、
それにも拘らずシャトーの場所がわからず困りました。

ワイナリーと倉庫には当然入口は無く、インターホンなどの
連絡手段も見当たらないので、地元の人に道を尋ねてみたところ、
漸くシャトーの場所がわかって15分遅れくらいで行きつけました。

                <漸くたどり着いた重厚なシャトー>
               d_MG_0872.jpg

(なお、事前に日本でプリントアウトして行った地図もシャトーの場所
ではなく、シャトー近くの「POL ROGER SQUERE」という広場(公園?)
の場所だったので役立たずでした(笑)) 

漸くシャトーにたどり着いて、入っていくとなんと、日本の国旗
フランス国旗と英国旗と一緒にはためいているではないですか! 

d_IMG_2934.jpg

なんと我々2人のために日章旗が・・歓迎されている実感が沸いてきます。 
こういった気遣いは洋の東西を問わず嬉しいものですね。

            <とりあえず通された部屋・・貧乏性の私には居心地やや悪し・笑>
             d_MG_0873.jpg

この日対応してくれたSébastien氏は、今年の7月から同社で働いている若者
でしたが、歴史などについても完璧に説明してくれました。 
彼に誘導されて、まずはシャトーから先ほど見たワイナリーと倉庫に向かいます。 
歩いて2−3分です。

ワイナリーでの見学は、ステンレスの発酵タンクからでした。
大型のステンレスタンクが無数に並ぶ発酵スペースは広大で、
タンクごとに単一畑のブドウから造られたワインが入っており、
温度管理もタンクごとです。

d_MG_0885.jpg

温度の集中管理ボードでは各タンクの目標温度と現在の温度が表示されています↓ 

d_MG_0886.jpg

各タンクの中ではちょうどアルコール発酵が終わって、マロラクティック発酵が
始まったところとのことでした。 

POL ROGER社では、昔から使っていたコンクリートタンクを止めて
順次ステンレスタンクに移行しているそうです。 
しかし、このタンク群だけ見ても「シャンパーニュ造りは金がかかる
というのがよくわかります。 

さて、その次に我々が案内されたのは、エレベーターで降りる
地下30メートルに7キロに渡って広がる地下セラーでした。

POL ROGERの地下セラーはエペルネでは最深、最長とのこと。 

換算すると地下10階に相当する深さのところに有名な
地下セラーがあります。

私は地下セラーとは、少し広めの地下室くらいの理解でいたのですが、
実際は縦横無尽に張り巡らされた地下道で、そのところどころが
熟成中のワインボトルで埋め尽くされています。
幅5メートル高さ3メートルほどの地下道に2メートル位の高さまで
ボトルが重ねられており、見通せるはるか向こうまでワインボトルの海です。 

                <はしごに登って見渡すとこんな感じ>
d_MG_0892.jpg

保管を始めた日付とコードネーム、保管されている本数が書かれたボードを見るとなんと31万本・・・。

d_MG_0893.jpg

こんなボトルで埋め尽くされた地下道が、メインの地下道の両側にいくつも延びています。
気が遠くなるくらいのボトルの量です。

全体では600万本ほどが貯蔵されて、静かに熟成を進めているとか。。。
想像できるレベルの量ではありません。 

その熟成保管場所を過ぎてしばらく歩くと、今度は暗闇に人影が・・ 

地下道の両脇にピュピトルが並べられて、そこでルミュウール
(ルミアージュ係)が黙々とルミアージュをやっていました

 ※ピュピトル・・シャンパーニュの瓶をさかさまに立てておく木製の台
 ※ルミアージュ・・熟成中にできるオリを瓶口に集めるために、 
           毎日少しずつ瓶を回転させる作業のこと 

天井から張られたケーブルに移動式の裸電球がついており、
彼は裸電球を動かして暗闇を移動しながらながらルミアージュを
続けています。

最近のスパークリングワイン業界では、電動式のルミアージュマシン
ジロパレット」が主流になりつつあると聞いていますが、
POL ROGER社では一切電動式のマシンは導入しておらず
ルミアージュは全て人間の手によるものだそうです。・・・凄過ぎます。 

出会ったルミュウールの彼は英語が話せないので、
案内のSébastienに通訳してもらって少しインタビューをしました。 

1日何時間ルミアージュしているんですか? 
    → 8時間だよ。途中何回か休憩するけどね 

この勤務は、週に何日ですか? 
    → 週に5日だよ。 

何年この仕事をやっているんですか? 
    → もう5年になるよ。 

・暗くて寂しくないですか? 
    → いや、慣れたよ。

何か辛いことはないですか? 
    → 時々、腰が痛くなるよ。 

・・・凄いです。
彼は毎日暗がりの中で黙々とボトルを回し続けているのです。 

有り難う。あなた方のお陰で我々は美味しいシャンパーニュが
 飲めます。感謝しています、 

と言ってインタビューを終えました。
彼の笑顔が印象的でした。 

d_MG_0903.jpg

同社は100数十年前にこの地下セラーを作りましたが、
1900年代初頭に崩落事故を経験しており、
地下道のメインテナンスには相当気を遣っているとのことで、
我々が訪問した時もところどころでメインテナンスが入っていました。

地上と地下を結ぶエレベーターは来訪者用が4基、
ワーカー用が数基あるようでした。 

地上に戻ってデゴルジュをする機械だとか、
コルクの打栓機とかラベル貼り機などの機械類、製造ラインを見せてもらいました。 

                    <デゴルジュをする機械>
d_MG_0910.jpg

                  <オートメーション化されたライン>
d_MG_0913.jpg

               <次々とシャンパーニュボトルがお化粧されて行きます>
d_MG_0916.jpg


さて、ワイナリー見学を終えると、シャトーに戻ってテイスティングです。 
さすが大手シャンパーニュシャトーだけに、テイスティングルームも立派です。
ここにも日本の国旗が飾られていました。 

d_MG_0931.jpg

テイスティングでは、ロゼ2004、ミレジメ2004、
キュベ・サーウィンストンチャーチル2000(CSWC)を開けていただきました。 
なんて大盤振る舞いなんでしょう。・・大感激です。 

午前中に飲んだLEGRASは全てブランドブランだったので、
味わいが全く違います。 

ロゼ2004は、典型的な赤系ベリーのチャーミングな香りが特徴のワインでした。
特に女性が好みそうな味わいです。 

ミレジメの2004はさすがの存在感です。
アタックも強く骨太な印象ですが、
その中にエレガントさも兼ね備えているような精悍なワインでした。 

CSWC2000は、先日リリースされたばかりとのことで、
こちらもやはりトップキュベなりに別格でした。 
複雑すぎる香りとアタックの強いフルボディな味わいは、
素晴らしいミレジメ2004でも全く足元に及ばないほどの高みにあります。 

1975がファーストビンテージで、以来最高のブドウの作柄の年しか
作らないとされ、2000は13番目のビンテージだそうです。
あまりの恍惚感に、テイスティングルームの席の前には吐き出し用の
シンクがあるのですが、CSWCだけはしっかり飲み干しました。 

d_MG_0939.jpg

そうこうしているうちに、パリに帰る電車の時間が迫ってきて、
名残惜しいのですがおいとますることにしました。
ゆっくり見学をしてテイスティングをして・・ということになると、
2時間では全然足りないということですね。 
素晴らしい時間を過ごすことができました。

(なお、こちらのメゾンでは、見学や試飲については紹介が必要と聞いています。
訪問ご希望の方は国内輸入元等にご確認ください) 


ほとんど小走りにエペルネ駅に向かい、何とか電車の時刻までにたどり着いたのですが・・・
待てども待てども電車は来ず・・・・ 

結局電車はキャンセルになってしまい、延々と待たされた挙句バスで知らない駅
(多分各駅停車の始発駅)まで運ばれ、各駅停車でパリまでてくてく帰ってきました。
18時にはパリに着いて買い物なども予定していたのですが、
パリ東駅に到着したのはもう20時半過ぎでくたくたでした。 

ま、エペルネ訪問は行きも帰りも電車のトラブルに振り回されましたが、
ヨーロッパの電車の遅延は日常茶飯事と言いますから、
無事にその日のうちに帰れただけ良かったと思っています。
(帰れなかったら予約していた帰国便に乗れなかった・・) 

疲れましたが、素晴らしい経験をさせていただきました。 

以上、4回連続でイタリアとフランスの見聞録をご覧いただきました。
長文をお読みいただいた皆様、有り難うございました。

次編から、また東京の話題に戻ります。



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。押すだけで結構です。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村




posted by 煩悩爺 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

#1 シャンパーニュメゾン訪問で生産者と語らう(R&L LEGRAS)


  欧州旅行記 その3

  シャンパーニュ(エペルネ)訪問 その1
  R&L LEGRAS 


イタリア・トスカーナで素晴らしい大自然の恵みを十分味わったあと、
またパリに戻ってきました。 

パリで1日過ごしたらもう帰国です。 
帰国前日はパリでのんびりするのも良いなと思いながらも、
旅行の企画段階から日帰りでシャンパーニュを訪問することに
していました。 

9月頃、来日していたサイモン・フィールドMW(マスターオブワイン)
主催のワイン会で、彼にたまたまシャンパーニュの訪問予定のことを
話したら、彼はシャンパーニュのスペシャリストということもあって
懇意のメゾンを紹介してくれることになりました。

そこで折角の機会なので、午前と午後に1箇所ずつメゾン訪問の
アポイントを取り付けることが出来ました。 

午前はグランクリュであるシュイイ村にあるルグラ社(R&L Legras)、
午後はエペルネ市街にある大手・名門のポル・ロジェ社です。

さて当日、8時半過ぎにパリ東駅発予定の列車を押さえていたので、
一生懸命早く起きて行ったのですが、東駅では列車発着の電光掲示板の
目的の電車「シャロンアンシャンパーニュ行き」は「retard」というサインが出て、
いつまでたってもホームの番号が表示されません。

よくよく考えると「retard」は「遅れ」の意味だったんですね。 

「retard」表示も10分、20分、30分と伸びていき、
結局定刻から発車まで70分待たされました。

                 <やっと入線してきた「シャロンアンシャンパーニュ行き」の列車>
d_MG_0734.jpg


私はアポイントの時間もあるのでだんだん不安になり、ようやく
電車が入線して来て発車しそうな雰囲気になった際に
ルグラ社のHPに記載してあったアドレス宛に
1時間ほど遅れる旨のメールを入れたところ、
すぐに訪ね先の担当者から返事があり、安心しました。 

日本で時間に正確な鉄道に乗りなれている我々にとって、
時間が当てにならないヨーロッパの鉄道はちょっとしたストレスに
なりますよね。
ネット環境が整備されるようになって本当に助かります。 

                d_MG_0743.jpg

発車すると1時間少々でエペルネ駅に到着、近いです。
TGV停車駅であるランスと異なり、エペルネ駅は特急が停まりますが、
ローカル色豊かな小さな駅です。  町並みもとても綺麗です。

                     <エペルネ駅前にそびえる「ノートルダム教会」>
                          (午後晴れてから撮ったものです)
d_MG_0802.jpg

メゾンは、シュイイ村の中心部あたりに位置しており、
エペルネ駅からタクシーで約10分でした。
(シュイイ村がこんなに近いと思いませんでした!) 


タクシーの運転手さんはLEGRASを知らず、ゆっくり走って
いたのですが、結局通り過ぎたところを私が看板に気が付いて
Uターンしてもらいました。

d_MG_0774.jpg

ルグラ社1808年創業のシャンパーニュメゾンで、
もともとは、地元シュイイ村のシャルドネを使って、
フランス国内の著名グランメゾン(トロワグロなどの老舗星付きレストラン)などの
ハウスラベルのシャンパーニュを生産するような仕事もやっており、
いわばプロ御用達のシャンパーニュメゾンとの色合いが強かったのですが、
近年エチケットのデザインを一新してブランドイメージを押し出し、
一般市場に販路を拡大する方向になっているとのことです。
かなりクールでシックなデザインになりました)  

               <彼らの新ロゴをあしらったシックなデザインのテイスティングルーム>
d_MG_0766.jpg

シュイイ村のメインストリートはとても綺麗な街並みで、
その中にルグラ社の瀟洒でこじんまりとしたメゾンがあります。 

                 <高級住宅街のような、シュイイ村のメインストリート>
                d_MG_0776.jpg

閑散期に入っていたので、オフィスには我々の受け入れを担当する
Carineさんしかおらず、到着後すぐにテイスティングルームに
案内されて、いろいろなお話を伺いながら試飲をさせてもらいました。

(2時間滞在の予定が、電車の遅れで1時間弱になってしまったので、
醸造設備見学は諦めざるをえませんでした・・残念)

彼女は、シュイイ村の歴史にはじまり、ルグラ社のこれまでの歴史や
目指す方向、フィロソフィ、具体的な醸造について、簡単に説明したあと、
一気にシャンパーニュボトルを開けてくれました。

我々は2人なのですが、何と気前のよい開けっぷり・・・


開けてもらったのは3本で、NV Brut Blanc de Blanc
Millesime 2005, それに同社のフラッグシップキュベである
Saint Vincent 2000です。
(2005とSV2000はリリースしたてと言っていました) 

d_MG_0770.jpg

全てグランクリュのBlanc de Blanc ながら、3本とも個性が違って
面白い比較試飲が出来ました。 

NV安定した味わいで、多分万人受けするであろう
親しみやすい印象(日本でも何度も飲んでいましたし)ですが、
やはり生産者のメゾンで飲むのは特別の感慨があります。

気分かもしれませんが、なんだかとても美味しく感じます。 

2005はNVに比べると、よりパワフルな骨太の印象で、
黒ブドウが入っているような味わいでした。
Carineさんによると、2005は偉大な2002や2004とは
全く違った個性的なミレジメで、十分魅力的と考えている、
とのことでした。 

Saint Vincent 2000は、フラッグシップだけあって
立ち上る香り自体が別格でした。

香りの強さや複雑さが素晴らしく、それだけでうっとりして
しまうくらいです。

口に含んだ時の味わいもいろいろなフルーツやハーブ、
スパイスや蜂蜜などのハーモニーが楽しめました

ちょうど先週くらいにリリースしたとのことで、
まだ日本にも入ってない筈と言ってました。 

我々が訪問した時間が遅くなってしまったことと、
Carineさんが12時に出かける用事があるとのことで、
試飲だけで失礼することになりましたが、
お土産までいただいてしまい感激しました。 

d_MG_0752.jpg

日本市場でのR&L LEGRAS拡販に微力ながら
尽力する
ことを約束しておいとましました。


Champagne R. & L. Legras 
10, rue des Parrelains
Chouilly, 51530
France

(こちらのメゾンでは、通常は一般の見学や試飲を受け入れていないと聞いています。
もしご興味のある方はメゾンまで直接お問い合わせください)


午後はPol Roger訪問のアポが入っています。 

「シャンパーニュ訪問その2」iにつづく



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。押すだけで結構です。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村


posted by 煩悩爺 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

#2 イタリア・トスカーナの大自然の中で食とワイン三昧

  欧州旅行記 その2

  トスカーナ 第二話 

今回の旅は、都市部の普通のレストランに行くというよりも、
より自然の中でイタリアの食材やワインを楽しんで癒されたい、
との思いが強かったところに、知人ファミリーがマレンマの
方まで足を伸ばしてみよう、という提案をしてくれたので、
大賛成して連れて行ってもらいました。

結局今回の日程も、遠出ができる日が日曜になってしまい、
ワイナリーなども日曜はクローズしているところが多いので、
のんびり足を伸ばして、あまり行ったことのない街を散歩して
地のワインを飲もうという感じです。 

マレンマというのは、トスカーナの中でもキャンティ地区よりも
南に位置し、スーパートスカーナワインを生み出しているボルゲリ辺り
までをカバーする地域の総称です。 

ちょうど紀元前後のイタリアでローマをはじめ都市国家が繁栄して
いた頃にエトルリア人が住んでいたあたりで、もともと
「トスカーナ」とは、ギリシャ語で「エトルリア人の土地」という意味
だそうです。 

エトルリア人は、イタリア人とはルーツが違ってアジアの方から
地中海を渡って来たという説もあるのですが、真相は定かでは
ありません。

ちょうど当時は南に接するローマ都市国家と抗争していたようですが、
そのうちうまく融合したということもあるようで、王政ローマの7人の王
のうち最後の3人はエトルリア人だそうです。 

さて、その日の天気予報は終日雨。 
朝目が覚めると空は厚い雲に覆われて小雨が降っていました。 

いかん、これでは雨のドライブになってしまう、何とか晴れないか、
などと思いながら出発しました。 

                  c_MG_0208.jpg

知人の車に便乗させてもらって高速道路を南下します。 
目的の辺りまでは約2時間。 

c_MG_0230.jpg

走っているうちに、だんだん雲が切れてきて、なんと目的地の
あたりでは晴れ間も出てきました。 

目的地は、マレンマでも最も北にあたるヴォルテッラ(Volterra)
という地区です。

近年イタリアでは「アグリツーリズモ」(農業と観光の融合)という
動きが広がっていて、農家などの生産者が宿屋やレストランを設置
して観光客を受け入れる施設が増えています。

ただし、これはイタリア語の話せない外国人にとっては結構ハードルが
高く、英語で対応してくれる施設は限られています。 
(都市部はともかく、田舎に行くと英語はほとんど通じない) 

ただ、このハードルを越えるとまさに地元の食材を使った素朴で
美味しい本物のイタリア料理が味わえると聞いていたので、
今回は知人のイタリア人ファミリーの力を借りて是非訪れて
みたかったのです。 

幹線道路脇に立っている手書きの看板(素朴!)だけを頼りに
レストランを探し、何とか1軒目にたどり着いたのがこちら。 

c_MG_0245.jpg

庭先でイタリア人の子供たちが走り回って遊んでいます。
なんだか、かなり別世界です。 

c_MG_0252.jpg

このレストランには、看板のあった通りから入って砂利道の
アップダウンを相当走って漸く到着したのですが、
残念ながら、レストラン利用は宿泊客だけとのこと。

でも、知人が近所の評判のよいアグリのレストラン情報を聞いて
くれました。 
近所といっても、「田舎の近所」ですから20分くらいかかりましたが(笑)。 

ここは少し規模が大きくて、幹線道路からも近い感じでした。 

c_MG_0268.jpg

宿泊客と思われるグループが数組いる中、入ってみました。
情報通り、レストラン利用だけでもOKとのこと。
これで食事にありつけます。 

またまた凄い量が出てきました。 
まずは前菜。たくさんの皿から取って自分で盛り付けたもの。 

c_MG_0270.jpg

地元の野菜のスープ。・・・スープといっても野菜の煮込みしか入ってなくて
水分が見当たりません。お腹にずっしり来ます! 

c_MG_0279.jpg

 トリュフのラビオリ。 

c_MG_0274.jpg

 ポルチーニのタリアテッレ。 

c_MG_0275.jpg

そしてセコンドピアットのタリアータ(キアーナ牛の炭焼き)。

お腹ははちきれそうだったのですが、隣のグループで食べてて
美味しそうだったので取ってみました。
これは美味しかった。 

c_MG_0323.jpg

そしてワインは泡とハウスワインの赤をオーダー。 

さすがにトスカーナ州ではスパークリングワインを造っていないので
プロセッコしかありませんでしたが、「ハウスワイン(赤)」は
しっかり素朴なサンジョベーゼの味でした。 

この辺りの農家の多くは自分の農地でブドウを育てて自家製ワインを
作っているので、恐らくこのハウスワインは自家醸造でしょう。 



素朴な料理に素朴なワイン、使われている食材のほとんどは近隣で
採れたものです。 
手をかけているというよりは、素材の味を生かす最低限の調理がなされ、
それにオリーブオイルと塩を振りかけて食べると、しみじみ滋味深い
味わいです。 

とにかく凄い量で、お腹ははちきれそうでしたが、イタリア流に時間をかけて、
昼食を楽しむことができました。

食事の途中でテラスに出て周辺の景色も撮影しました。
終日雨だったはずなのが、既に快晴になっていました。
 
 (・・実は、私は昔から「スーパー晴れ男!」なんです・笑)

c_MG_0318.jpg

15時過ぎまで昼食を楽しみ、出ようとしたところで宿の人がキジを捕まえて
持ち帰ってくるところに遭いました。 

c_MG_0337.jpg

また、幹線道路まで戻る途中でイノシシに遭遇!
保護区になっているらしく、
野生のイノシシですが人間や車を恐れないようです。 

c_MG_0358.jpg  

素晴らしいトスカーナの自然に触れることができた一日でした。 
帰国して調べてみたら、その宿屋兼レストランは、ちゃんとしたホームページを
持っていました。 

一泊2人で50ユーロだそうなので、次回泊まってみるのも悪くないと思いますが、
それまでにイタリア語を修得しなければなりませんね。(笑) 

サンタ・ヴィットリア 
http://www.agriturismosantavittoria.com/index.asp?sezione=1



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。押すだけで結構です。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村


posted by 煩悩爺 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。