2015年11月16日

九州屈指の名門鮨店小倉「天寿し」酒無し五感で鮨を味わう

    〜 小倉の天寿し(京町店)まで鮨詣で 〜


IMG_5572.JPG


私は普段鮨という食べ物にはあまり執着が無く、極端なところ「スシロー」とか
「カッパずし」といったところでも(価格を考えれば、ですが)文句はありません。
ちょっと高級な美味い寿司が食べたいと思えば、築地の「すしざんまい」で
カウンターに座って、握ってもらえばかなり満足できます。


したがって、一人1万円を越えるレベルの寿司屋にはあまり縁が無く、
興味はあったものの、例えば「すきやばし次郎」だとか、その手の
星付き高級鮨屋にはあまり足を踏み入れたことはありませんでした。

大体、そんな世界を知ってしまうと、コストの安い回転寿司には
もう戻れなくなるのでは、という危機感もありました。
(結構、昔から回転寿司は好きでした)


その私が、先日ついにその禁断の世界に足を踏み入れてしまいました。
人によっては、「日本一では」という評価もあるくらいの、
小倉「天寿し」さんです。

東京のワイン仲間でこちらのお店の常連がいて、予約が取れたから行こうと
誘ってもらったので、これも一つのチャンスと思って行って参りました。


こちらの「天寿し」さん、なんとメニューにお酒がありません
勿論お酒の持ち込みも出来ません
基本、お茶でひたすら握りを食べるというスタイルのお寿司屋さんです。

それでも、だいたい2−3ヶ月先まで予約が一杯ということですから、
世の中意外にお酒が無くても大丈夫な人がいるのか、はたまた
それでも人々が殺到するくらい凄いのか、などと考えながら向かいました。


ロケーションはJR小倉駅の駅前、新幹線口から歩いてほぼ3分くらいの至近です。


私のように関東出身で九州を訪問したことが無い人は、
だいたい北九州市の小倉と福岡市の博多がどのくらい離れているのか、
ちゃんと知っている人は少数派ではないかと思います。

距離で言うと約70キロ、在来線快速では約50分かかります。
新幹線を使えば15分で付きますが、距離は意外にあります。


さて友人と博多駅で待ち合わせ、新幹線で小倉に向かいます。
新幹線の座席に落ち着くと、新幹線の車中にワインなど持ち込めばよかった、
などと話しましたが、そんなことを話しているうちに、
あっという間に列車は小倉駅に到着。


そして駅前に出て歩き、これもあっという間にお店に到着。
予約の時間よりも少し早く着いたのですが、店内に入れてもらえました。


客席はカウンター5席のみです。
カウンターの奥には水がちろちろと流れており、
べたついた指を洗うことが出来ます。


IMG_5576.JPG


2−3週間ぶりに訪問したという友人は、大将といろいろな世話話をしています。
そして、お茶と口直しの胡瓜が並べられ、いよいよ握りのスタートです。


IMG_5574.JPG


まずは中トロ。築地の仲買から送ってもらっているとのこと。
あまりのビジュアルの良さに思わず写真を撮り忘れて口に運んでしまいました。

ネタの写真をアップしておきますが、口の中でネタが蕩けるとはこのことだと思います。
かといって脂っこくなく、さっぱりとしています。


こちらの天寿しさんは、醤油をつけないでも食べられるようにネタに味がついています


IMG_5573.JPG


続いて赤イカ。細かく仕事がしてあり、ビジュアルも良いですが、味も素晴らしい。
昨年初めて福岡に来て、関東で私が食べていたゴムのような歯ざわりのイカとは
別モノのイカを食べて、今までイカに抱いていたイメージが完全に間違っていたことを
思い知りましたが、このイカの握りを口にした時も、その時の衝撃に近いものがありました。


歯ざわりが軽やかなのに、噛みしめるとねっとりした感触もあり味わい深いものでした。

このスタートのトロとイカで、十分この店のポテンシャルを感じることが出来ました。
これは、私が今まで訪れた鮨屋とは全くレベル感が違う、と。


IMG_5577.JPG


次に海老、サバと続きます。

サバは軽くあぶってありますが、この火入れが絶妙でサバの脂がいい塩梅に溶けて
甘さが出る状態です。


IMG_5578.JPG


続いてホタテ。甘ダレが何とも言えず美味しい。


IMG_5583.JPG


次に出てきたのは、軍艦巻で「カワハギの肝和え」でした。

・・・これは凄い。口に入れた瞬間に口腔に広がるふくよかな香り
恐らく、肝を酒とみりんで和えたものと思われますが、この豊かな香りに
鼻腔もくすぐられて、あまりの幸福感に思わず涙ぐんでしまいました

そして、後から来る有明海苔のいい香りと海苔がパリパリと音をたてて
砕けていく感触。

噛みしめると、程よい大きさにカットされた弾力のあるカワハギの身の
しっかりとした歯ごたえの後に、じんわりと旨味が感じられます。


IMG_5585.JPG


・・・・素晴らしく美味しいです。

まさにこれこそ、味覚に視覚、嗅覚、触覚、聴覚の五感全てを駆使して
味わうということなんでしょう。
こんな経験は初めてです。


続いて、太刀魚です。

軽くあぶってあり、身がふっくらとして口の中でほろほろと崩れて行きます。
この感覚が素晴らしい。


IMG_5586.JPG

次は、漬けマグロです。

赤身というよりも中トロくらいの脂の乗りです。
これもむちゃくちゃ美味しいです。


IMG_5589.JPG


ここでお口直しに、海老の頭をあぶったものが供されます。
きゅうりをかじるのとはまた違ってすっきりします。


IMG_5591.JPG


と、今度はアジですが、上にかかっているのは「粉醤油」だそうです。
口に入れると、醤油の香りが後からついてきます。

う〜ん、何だかマジックを見ているような気分になってきました。


IMG_5595.JPG


次は、焼いたキスにゆず胡椒、だそうです。

旨い!

もう何だかよくわかりませんが、ともかく出されるものの多くが
初めて味わう感覚で理性がついていけません。
本能で何とか付いて行っている感じです。


IMG_5598.JPG


その次は、なんとサザエです。オクラが乗っていてレモン汁が絞ってあるとのこと。
サザエなんて、つぼ焼きでしか食べたことありません・・・

しかし・・・なんじゃこりゃ、旨い・・・
私はもうノックアウト寸前です。


IMG_5600.JPG


ここで漸く、なじみの素材が出ました。

ウニです。

これは普通に(かなり)旨い。
知った食材(ネタ)だと、ちょっとホッとしますよね。


IMG_5604.JPG


続いて、焼き穴子です。

穴子は根魚(海底近くに生息する魚)なので、産地の水深や水流などに拠って
随分味わいが変るそうです。

今日の穴子は大分産、豊後水道のものということですが、
水深は普通で流れが早いので脂がよく乗っているとのことでした。
確かに脂がよく乗っていてふんわりと美味しいです。


IMG_5606.JPG


次はトロの鉄火巻きですが、一緒に巻かれるのは海ブドウです。

大将が私の写真のためにわざわざ中身をよく見せてくれました。
海ブドウの儚い食感と、トロの溶けていく食感とのコンビネーション
絶妙にマッチして素晴らしいです。


IMG_5609.JPG


最後は、フグでした。

何と贅沢な・・・という感じですが、本当に薄造りを10枚くらいまとめてすくって、
鮨飯と一緒に一気にほうばったような感覚でした。当然ながらかなり旨いです。


IMG_5610.JPG


ここでお吸い物か味噌汁かを聞かれます。
汁物は小さなお椀で供されますが、お代わりも可能とのこと。

ここまでで15貫、もうお腹いっぱいでしたが、何か召し上がりませんか?と
大将に聞かれたので、折角なのでマグロの赤身をお願いしました。


IMG_5612.JPG


これがまた絶品・・・やはりいいマグロの赤身は素晴らしいです。

大将の話によると、マグロも大きくならないと肉に力が無くてダメとのことで、
体重の目安としては150キロくらい無いとダメだそうです。


とここまでで、全く酒を飲んでいないのに
何となく酔っ払っているような感覚になっていました。。

酒は無くても、本当に美味しいものは、食べているだけで
飲酒しているのと同じようにドーパミンがバッチリ出るんだということを
思い知りました。


これでお支払いは一人2万台前半でした。
お酒無しではありますが、この内容ならさもありなん、というレベルでしょうか。


店を後にして、大将が渾身で握る芸術作品である鮨を、食べる側も酒などで
感覚を乱すことなく、五感をフルに活動させて味わうべきお店なんだろうな
と思いました。


今まで鮨を食べる時に、香りだとか食感について気にしたことなど全く無かったので、
本当に素晴らしい体験でした。


さすが、全国的に名前が知られるだけはある名店です。
お値段もそれなりなので、なかなか普段使いというわけには行きませんが、
また必ずリピートしたいと思います。


なおこの日店を出た後、友人と私はまた新幹線に乗って博多まで戻り、
私の家でシャンパーニュを1本飲んで〆めました。


シャンパーニュは、2年ほど前に広尾のシャンパンバー「ボンボンヌ」で、
やはりその友人と一緒に飲んだマチュープランセ
コートデブランの隣、グローブ村産のブランドブランです。


IMG_5616.JPG


たいそう充実した夜でした。





福岡県北九州市小倉北区京町3-11-9

093-521-5540


 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 博多・ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

福岡・大濠の新規開店絶品イタリアン「ステファノ・エ・トモコ」


大濠公園という場所は、かつて福岡湾の入り江から福岡城の外堀に続く
広大な水路を明治時代に埋め立てたもので、
現在では市民の憩いの公園として休日には多くの人で賑わっています。


位置的には、爺の勤務する「赤坂」の一つ西側の駅で、天神や博多といった
中心部からも近いけれども程よく離れた場所にあり、
住環境としても、周辺には高級住宅地が点在しています。

東京で例えると代々木公園のような位置づけでしょうか。


ここからほど近い場所に、4月に新しいイタリアンの店がオープンしました。

爺のADV(アカデミーデュヴァン:ワインスクール)の
資格受験時代の同級生とそのご主人が切り盛りするお店で、
屋号はご主人と奥さんの名前をそのままとって
ステファノ・エ(と)・トモコ」です。

私は4月から5月の連休はバタバタしていて、なかなか行けなかったのですが、
先日ようやくお邪魔してきました。


ご主人のステファノさんは、シチリア生まれの生粋のイタリア人で、
イタリア・日本の星付きの名店で修行した方です。

東京でも、八重洲にあった「カノビアーノ」や私もよくお邪魔した
半蔵門の「エリオ・ロカンダ」でスーシェフをやっていて、
私はエリオに彼を尋ねて行ったこともあって旧知の関係です。

奥さんのトモコさんはワインスクールの同級生でしたから、
一時期しょっちゅう一緒に飲んでいましたので、好みなども
お互い多少はわかっている間柄。

そんな二人が開いたお店なので、魅力的でないはずがありません。


ロケーションは、福岡のメインストリートの一つ「昭和通り」から
10メートルほどわき道に入ったところで、便利かつ静かな場所です。

外観は、イタリア料理店につきもののイタリア国旗などは無く
シンプルでシックな印象。

外から見ただけでは何の店かわかりません。こういうのはお洒落ですね。


店内はテーブル席4セットとカウンター席が6席程度で
こじんまりとしており、サービスが行き届くちょうど良いサイズと思います。

カウンターも、私のように一人で行く人にとってはとても有り難い設備です。


                          <店内の写真>

IMG_4823.JPG


こちらのお店のメニューは、昼も夜も「お任せコース」1種類のみ(昼3500円、夜6500円)で、
苦手な食材を聞いたうえで、その日に仕入れた食材でステファノ・シェフが腕を振るいます。

奥さんのトモコさんと数年ぶりの再会を喜び合い、早速ディナーの始まりです。

彼女と知り合った当時から、彼女は既にイタリアワイン通でしたので、
ワインは彼女のセレクトに任せておけば間違いありません。


IMG_4826.JPG


スターターの泡はカ・デル・ボスコ。

フランチャコルタの代表格で、私も大好きな泡です。


IMG_4827.JPG


お料理の前にまずは数種類のパンが供されます。

フォカッチャやトマトを練りこんだパンなど、全てが厨房での手作りだそうです。


その後、前菜が数品続きます。
一品目は、チキンの巻物

優しい味わいが口の中にじんわりと染み渡り、
これから始まる食事への期待感が高まります。


IMG_4829.JPG


ここで泡を飲みきった私に出してくれたのは、マルケ州の
土着品種ペコリーノの白でした。

水代わりに飲めそうなくらい軽快なワインで、ついぐいぐい飲んでしまいます。
料理の軽い味わいにもぴったりです。

IMG_4831.JPG

次は「カツオのたたき(ステファノ風)」。

たまねぎのペーストの上にカツオが載っており、ビネガーベースの
ソースがかかっています。

彩りにピンクペッパーが散らしてあります。
日本のカツオのたたきとは味わいが全く違いますが、美味しい。


IMG_4834.JPG


続いて、「鰆のローストとクスクスの付け合せ」、

ソースはサフランベースのものだそうです。
皮の焼き加減が絶妙な火入れです。


IMG_4835.JPG


もう1種類白のグラスワインを愉しんでから、今度は赤ワインが供されます。

シチリア島の火山の麓、といっても標高平均900mの畑で作られるエトナ・ロッソ、
作り手は、テヌータ・デッレ・テッレ・ネーレです。


IMG_4837.JPG


ピノノワールを思わせるような、とても明るいルピーですが、口に含むと
色合いに反して味わいはとてもしっかりしていて、ピノとは全く違う味わいです。

産地は標高が高いとはいえ緯度はかなり南の方なので、
降り注ぐ太陽をいっぱい浴びたブドウのパワーを感じます。


こういった、やや荒削りでパワフルなイタリアワインには、
私はいつも「天の恵み」を感じて、本当に素晴らしいと思います


IMG_4839.JPG


そして、プリモピアットは南イタリアの定番「イワシとレーズンと松の実のパスタ」

イワシのえぐみをレーズンの甘味と松の実の香ばしさが優しく包んで、
何とも言えない旨味があります。


美味しいです。そしてワインともバッチリ合います。
続いてリゾット


IMG_4840.JPG


ここまでで私の胃は既にパンパンでしたが、畳み掛けるように豪華なメインが・・・


IMG_4844.JPG


セコンドピアットは「佐賀牛のロースト赤ワインソース
言うまでも無く、堂々とした味わいのメインディッシュでした。


はじめに出されたパンを味わう余裕はほとんど無かったので持ち帰ることにして、
最後の皿「デザート」を愉しむことにします。

なんだか美味しそうなプレートでプリンかと思いましたが、
パイナップルのスライスを重ねてソースをかけたものでした。

お腹ははちきれそうでしたが(笑)、美味しかったので完食しました。


IMG_4847.JPG


こんな流れで、地元の食材を使った美味しい本格イタリアンと、
私も大好きなイタリアの土着品種系ワインを愉しむことができて、
非常に満足度の高い夕食となりました。


締めて、気になるお会計は1万円少々でした。

福岡という土地柄からするとやや高めの値段設定かもしれませんが、
内容を考えるとコストパフォーマンスは恐ろしく高いと思います。


5月20日発売の「ソワニエ」誌(FM福岡が発行するグルメ雑誌)にも、
こちらのお店の紹介が出ています。


ちょっとお洒落に食事を楽しみたい時とか気張ったデートの時などなど、
料理の味、合わせるワインのマリアージュ、そして夫妻のホスピタリティの
全てがおススメです。




福岡市中央区大手門3−1−12

092−738−0025



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 博多・ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

博多の老舗料亭「松坂屋」で九州ブランド和牛のしゃぶしゃぶとワインを堪能


今更ながら地理の話で恐縮ですが・・・

正直に申し上げて、爺は福岡博多というのは同じ場所だと思っていたのですが、
それは完全な間違いであることを、当地に赴任してしばらくしてから知ったのでした。


現代では博多というと、何となく福岡市全体をさすようなイメージもありますが、
古くは中洲を境とした西側は城下町の「福岡」、東が町人の町「博多」
という区別があったようです。

しかるに、九州一の鮮魚市場のある長浜地区も厳密には博多とは呼ばない、とのことで、
私は当ブログでも、今まで随分間違いを書いてきていたことに気がつきましたので、
ちょこちょこ修正をしております。

で、今回はまさに正真正銘の博多地区に位置する老舗料亭のレポートです。
少し前のことになりますが、博多区奈良屋町にある創業50年、「松坂屋さんという屋号の
九州和牛専門店に行ってきました。


                       <お店の外観 (お店のHPより)>

img_02.jpg



「松坂」という名が付いていますので、爺のような名古屋勤務経験者は安直に
「松坂牛を出すのか」とつい考えてしまいがちですが、
当店は九州産黒毛和牛の専門店です。

爺は、勤務先の関係で一度社用でお邪魔したことがあり、その際お店の
クオリティの高さに感激して今回プライベートで伺ったものです。

お店は、東京で言うと浅草や蔵前のような雰囲気の町並みの中にあって、
地下鉄空港線中洲川端駅から徒歩5−6分、貝塚線呉服町駅からなら
徒歩3〜4分程度で到着します。

「本館」と一軒おいた隣の「別館」に分かれており、
本館はカジュアルな椅子席もある焼肉店、別館はすき焼き、しゃぶしゃふ、
もつ鍋が食べられる座敷になっています。

座敷は個室になっていて重厚な雰囲気。焼き物などが飾られており、
まず席に通されるとかしこまってしまいます。

でも、仲居さんはとても気さくで緊張もすぐにほぐれました。

                       <お部屋の調度品>

IMG_4287.JPG


とりあえずはワインリストを見ますが、品揃えはこの手のお店としては普通です。
あまりワイン好きの方は来ないのかもしれません。
ざっと見て泡は見当たらなかったので、ビールを注文しました。

料理は迷わず「特選しゃぶしゃぶコース」(6500円)を注文。

まず、先付けが出されてビールを飲んで落ち着くと、すぐに肉が供されてきました。
これは見た目も素晴らしい!思わずため息をついてしまいました。

一枚一枚丁寧に折りたたまれた肉が綺麗に並べられ、
「上から順番にお取りください」と書かれた和紙が添えられています。
サシの入り方が、なかなかのものです。(これで2人前300gです)


IMG_4289.JPG


こちらの店は、その日のいいものを仕入れるとのことで、お邪魔した日のお肉は
「博多和牛」とのことでした。近所で育った牛さんですね。


ビールはあっという間に飲みきってしまったので、ワインリストの中からこいつをオーダー。
「ビオゲットコムRN13ルージュ」という名のVdP(ヴァンドペイ、AOCよりも一つ下の
ランク付ワイン)にしました。

VdPといっても、ラングドック・アンド・ルシオン地域ではもともとAOCが
あまり多くないので、品質的に劣ることは無いです。


IMG_4295.JPG

赤白どちらにしようかちょっと悩んだのですが、お肉のサシの脂と多分良く合う
だろうなと考えて赤にしてみました。

このワインは、フランスの国民的行事であり、自転車レースの世界最高峰でもある
「ツール・ド・フランス」の舞台となる国道13号線(RN13)にちなんで名づけられたということで,
生産者は「ピクニックにも持っていってほしいくらい軽快な飲み口のワイン」と言っているとか。

フランスの人達はこういうワインや軽食を持って出かけ、道路端で楽しく食べたり
ワイン飲んだりしながらツールドフランスを見物するんでしょう。優雅ですよね。


さて、ワインも揃って、この一枚一枚に丁寧にたたまれたお肉を出汁につけて、
ほんのり色が変るくらいの状態でまずはタレに浸けずに口に入れると・・・

肉がほろほろと舌の上で蕩ける感触があり、続いて甘味を含んだ恍惚的な
牛肉の香りが鼻腔をくすぐります。

  ・・・旨いです・・・なかなかこのレベルの肉は食べる機会がありません。


IMG_4286.JPG

また、タレが素晴らしい。

こちらのお店の「たれ」は、はじめ見たときにはゴマダレかと思いましたが、
食べてみてビックリ、ゴマの入ったポン酢でした。
これが相当美味しいです。

ごまポン酢なるものがあることは聞いていましたが食べたのは初めてです。
このタレを食べることが出来ただけでも来た甲斐がありました。

ガツガツ食べるのは、お肉様に対して失礼ではないか、といった感覚を覚えるほどで、
ゆっくりと食させていただきました。


IMG_4292.JPG


IMG_4293.JPG

そして、このワイン、なかなかです。

外観はしっかりしたガーネットでエッジはルビー、良い色です。
アロマは控えめですが、赤系果実が主体で少しキャンディーのようなニュアンスがあって
チャーミングな印象です。ちょっとガメに近いでしょうか。

外観に反して飲み口は軽く、タンニンがあまり感じられず飲み易いです。
かといって味わいがないといことではなく、コクもあり美味しいワインです。
多分、誰が飲んでも美味しいと思うのではないでしょうか。

甘味はほとんどありませんが、そこそこ味に深みがあるので、
牛肉の上品な甘味にもよく合います。

調べてみたら、カベルネ・ソーヴィニヨンが主体ですが、
そのほかにシラー、ムールヴェドル、グルナッシュがブレンドされており、
それぞれの品種の“いいとこ取り”が出来ている感じでした。

上質な牛肉との、なかなか素晴らしいマリアージュでした。

サービスは、仲居さんが時々タイミングを見計らってお部屋に入ってくるくらいで、
適度な距離感を保ってくれますし、さりげなく、かつ必要十分なレベルです。

お支払いは、ビール、ワインとコース合わせて@10000円程度。
今回は一番上の「特選」をオーダーしてみましたが、その下のランクでも十分良さそうです。

繁華街から少し離れた場所にある料亭ですが、さすが従業員教育もしっかりしていますので、
勿論接待でも使えますし、プライベートでも何かの記念日などに使ってみても
十分満足出来ると思います。
是非足を運ばれてはいかがでしょうか。


IMG_4290.JPG


なお、ワインの品揃えは少ないですが、しっかりした酒屋さんが付いていると思われるラインナップでした。
また、持ち込みも出来るそうですので拘る方は予約の際にお店に申し出てください。
(持込料は1本1500円と伺いましたが、念のためご確認ください)



福岡市博多区奈良屋町8−4
092-281-02214
(火曜定休)


 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 博多・ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする