2015年01月04日

福岡・薬院の住宅街にひっそりと佇む隠れ家風水炊き料亭「一木庵」


皆様 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

本年も引き続き、ワイン関連や東京、福岡を中心に美味いものをユルいペースで
まったりとレポートして行きます。


さて昨年暮れの話題で恐縮ですが、今回は福岡市内の住宅街にひっそりと佇む
お洒落系の水炊き割烹の話題です。


日本中が「忘年会」という免罪符とともに罪悪感なく連日酒席に興じる12月、
我々サラリーマンも夜な夜ないろいろな店に繰り出していたのでした。

そんな酒浸りの日々が続く中、時々ご一緒させていただいている先輩から
綺麗どころを誘ってシャレオツ系な店に行こう」と声がかかったのでした。

シャレオツ」・・・むむむ、なんと懐かしい響き・・その先輩も私も同世代で
若かりし頃、バブル期にお洒落系のことをひっくり返してシャレオツと
言ったりしたものでした。

そんな、私の中では完全に忘れ去られていた言葉を数十年ぶりに聞いて、
新鮮な驚きを感じたものです。若い人は聞いてもわからないですよね。


そして先輩がセッティングしてくれたシャレオツな店が、
こちら「一木庵(いちぼくあん)」です。


最近福岡市内で先進的な人たちが集う地域として有名な「薬院(やくいん)
という界隈で、住宅街のど真ん中にポツンとあります。

住所は「白金」です。
「シャレオツ」な場所は、住所もそれなりなんですね・笑。


IMG_4137.JPG


入口はこんな感じです。


IMG_4140.JPG


古民家を改造して一軒家の料亭にしたそうで、入口を入ると、
玄関から続く廊下の両側に小ぶりな部屋が並んでいます。
昔の家の造りって確かにこんな感じでしたよね。

我々、綺麗どころ女子2名を含めた4人は、四畳半のお部屋に案内されました。
昔は四畳半の部屋をときどき見かけましたが、今はあまり見なくなりましたよね。


IMG_4142.JPG


部屋の中心にちゃぶ台チックなテーブルが置かれており、
4人がテーブルを囲むとほとんど部屋はいっぱいになります。
部屋の窓からはお庭も見えます。


IMG_4154.JPG


この非日常的な空間はなかなかのものです。

お部屋に入った時点で既に水炊きの用意がされており、
各自グラスのシャンパーニュをオーダーして宴が始まりました。


IMG_4158.JPG


こちらのお店はメニューが「水炊きコース(5600円)」のみなので、
あとはどんなお酒を飲むかということになります。
(なお、豚しゃぶの裏メニューもあるとのことです)

ま、とりあえずは泡、シャンパーニュでスタートですね
(シャンパーニュの銘柄を聞き忘れてしまいましたが・・・)


IMG_4160.JPG


上品なサイズで程好い味つけの先付けが数種類供され、
それらを泡で愉しんだ後に水炊き用のスープを出してくれます。
滋味深い味です。


IMG_4159.JPG


ちょうど1杯目の泡がなくなったので、ワインリストを拝見。
日本酒がメインの店にしてはまずまずの品揃えの中から、
プチシャブリを選択しました。

味わいは軽めなので、水炊きのようなあっさりした味わいの料理には
普通のシヤブリよりも合うと思います。


IMG_4165.JPG


水炊きは、ちゃぶ台の脇で仲居さんが手際よく作って
盛り付けてくれますので、我々は何もする必要も無く
会話に興じられるのが嬉しいところ。

このコースは酒飲みにとっては量的には適度でしょう。
野菜もしっかり入っていますがガッツリサイズではないので、
お腹は苦しくなりません。


楽しく食べながら会話に興じているうちに〆の雑炊になりました。
これがまた絶品です。私にとっては、水炊きで出てきた鶏肉よりも
雑炊の凝縮した味わいの方が印象的でした。


IMG_4166.JPG

さて、食事が終わると別室のバーカウンターに誘導されて、
そちらでデザートとコーヒーが供されます。

勿論、もう少しお酒が飲みたければそちらのカウンターで
引き続き飲み続けることも可能です。


IMG_4172.JPG


この部屋は照明が抑えられ、静かにジャズが流れていて、
居心地良いのを通り越してやや怪しげな雰囲気です。

お忍びデートで連れてきた女子を口説くんだったら、
この空間は最高の舞台かと思います(笑)。

これで、単価はだいたい1万円弱です。

世の中にはまだまだ知らない良いスポットがあるものですね。

なお、冒頭で先輩が使った「シャレオツ」なる言葉、
どうにも気になって今回同行してもらった綺麗系女子2人(20代)に聞いたら、
「シャレオツ?・・全然普通に使いますよ!このお店、シャレオツな店ですよね。」
とあっさり言われてしまいました・笑。

言葉は変化していくものですが、リバイバルというのもあるんですね。
こんなことにも小さな驚きを感じた夜でした。



福岡県福岡市中央区白金1-6-24

092-531-1046
(完全予約制なので、予約をお忘れなく)

※場所はかなりわかり辛いので、タクシーの運転手さんに住所を渡して
 行ってもらうことをお勧めします



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村



posted by 煩悩爺 at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 博多・ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

福岡・長浜市場近くの居酒屋「魚のまるた」で玄界灘の海鮮と岩手の銘酒を堪能


しばらくぶりの更新になりますが、皆様お元気にお過ごしのことと思います。


さて、本ブログはワインがメインなのですが、今回ワインは出てきません。
主役は玄界灘の魚介類です。


爺が福岡の地で生活を始めてから早半年以上になりましたが、食に関しては
まだまだ驚くことが多い毎日を過ごしております。

素晴らしい食材と、その素材の良さを生かしつつ、より美味しく食べてもらおうと
技を磨く料理人がこの地にもたくさんいます。
そんな「作品」とも言える料理とその作者である料理人たちとの出会いは、
本当に興奮するものです。

今回ご紹介するのは居酒屋
爺が当地で今まで訪問した数多くの居酒屋の中でも
トップクラスにランク付けできるお店です。


日本国内には居酒屋がそこら中にありますが、福岡にも非常に多くの居酒屋が
ありまして、だいたい普通の居酒屋の相場は飲み放題付きコースが
3500〜5000円程度とリーズナブルです。

中には3000円飲み放題付きというのもありますが、それでも決して
学生相手の手を抜いた内容ではなく、十分に満足できるものです。

要は、福岡の居酒屋にはレベルの差こそあれ、「ハズレの店」は無いと言っても
過言では無いくらいに全体的なレベルが高いと思います。


その店「魚のまるた」と私の出会いは、平日のランチで訪れたことでした。
爺は「地下鉄空港線赤坂駅」の近辺に勤務しているのですが、お店の場所は
爺の勤務するオフィスから長浜市場に向かって北に少し歩いたところ。
九州ラーメンの本家との説もある「元祖長浜ラーメン」もその近くです。

メインの通りからちょっと入った住宅街の合間にあるので
しばらく気がつかなかったのですが、ある時前を通りかかって
たまたま入ったランチのクオリティがあまりに高いのに驚いたことがきっかけで
通い始めた次第です。
(注:2014年10月現在、ランチは休止中)

ご主人は東京の荻窪にある寿司屋で修行をされていた方で、
まだ若いですが料理の技もいろいろお持ちですし、味付けにセンスを感じます。

店内はカウンターが6席、4人掛けテーブル席が3箇所です。
奥の部屋のテーブル席2席をつなげて8人までの宴会も可能です。
夜はコースでもアラカルトでもいけますが、少人数ならアラカルト、
大人数なら店主お任せのコースがおススメでしょう。

コースの内容はその日の仕入れによって違います。
長浜市場は玄界灘を中心とした魚市場で九州一の規模を誇っており、
東京で言えば築地市場のようなところです。
そのすぐ近所ですから、仕入れに関しては地の利があります。


既に何度もお邪魔しているのですが、ある日の内容の一部をご案内しましょう。

まず、スターターに旬の魚の刺し盛が供されます。
これだけでも素晴らしい。


IMG_3638.JPG


続いて「海老とサトイモの揚げ物
何の変哲も無いビジュアルですが、これも絶品。


IMG_3641.JPG


そして「マジャクの唐揚げ


IMG_3604.JPG


私はこちらに来て初めて「マジャク」なるものを知りましたが、
シャコの一種で別名アナジャコともいうようです。
シャコと同じく丸ごと食べられて、食感はソフトシェルクラブの海老版
といったような印象です。
美味しくてかなり気に入りました。


ちなみに別の日に行った時に供されたのがこちら、「カナトフグの唐揚げ
内臓をきれいに取り除いた身の部分だけを唐揚げにしているので、
そのままガブリとイケます。非常に贅沢な気分になります


IMG_3640.JPG


次は「荒巻き貝」、これも関東では食べたことの無い貝です。
和風ムール貝といったところでしょうか。
しっかり仕事がしてあります。


IMG_3606.JPG


アカムツの煮付け。


IMG_3609.JPG


私は、こちらのご主人の煮付け技術はかなり高いと思っています。

関東から来た人の中には、九州の濃くて甘い醤油がだめだという方もいますが、
こちらの煮付けは関東風にあっさりと炊き上げており
誰の口にも合うバランスの良い味になっています。



この他に、締めの食事として寿司などがついてきます。

いつも、締めを迎える頃になると飲みすぎてヘロヘロになっているため、
写真を撮り忘れてしまい載せることができませんが、どのお皿もしっかりと
仕事がしてあって、満足度はとても高いものがあります。

このコースに飲み放題がついて、なんと5000円ぽっきりです。


こちらで飲めるお酒は、基本日本酒か焼酎で、中でもお店の一押しは
この岩手県盛岡の銘酒「あさ開(あさびらき)です。


IMG_3644.JPG


全国新酒鑑評会で唯一の12年連続金賞受賞中のお酒とのことで、
すっきりとして淡麗、魚介類にはとても合います。

ワインの持ち込みもOKしてもらっているので、その日の気分や相手によって
日本酒を楽しんだり、泡や白を持ち込んだり、といろいろな楽しみ方ができる
のも有り難いことです。


外観はこんな感じです。

IMG_3813.JPG


こちらのお店は今年の5月に開業したばかりとのことで、「ぐるなび」さんや
「たべログ」さんでもまだあまり情報が出ていませんが、
まだ30代のご主人はいろいろと試行錯誤されて店を切り盛りしています。

最近お邪魔した時には「何を食べても飲んでもお一人様上限5000円
というキャンペーンをやっていて驚きました。凄過ぎます・・。


こういったお店に頑張って長く続けて欲しいので、応援したいものですね。

県外の方も福岡出張の際、ローコストに美味い魚が食べたいと思ったら
是非お立ち寄りください。

(ただし既に人気店になりつつあるので、行かれる前には電話で席の確認を
されることをお勧めします)



魚のまるた (月曜定休)

福岡県福岡市中央区舞鶴3-2-21 ストリームライン舞鶴 1F

092-725-4025



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 博多・ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

JR博多駅至近の焼肉「多牛」・・高品質和牛を驚愕のコスパで堪能


世の中は広いです。

半世紀以上生きていると、いろんなことが起こって、
いわば「刺激慣れ」してくるのでちょっとやそっとでは驚かなくなります。


ただ、それはむしろネガティブな意味合いで
期待して行ってみたらがっかりだった」といった類のことが
多くあり過ぎて、自ずと自己防衛本能のお陰で心臓が強くなるということ
なのかとも思います。

しかし、それでも中には「あまり期待していなかったけど、
行ってみたら良かった」ということもそれなりにあって、
だから人生は楽しいというものですね。

それにしても、今回ばかりは驚きました。


前評判で期待していくと肩透かし、ということが多い中、
期待していったらそれ以上に素晴らしかった、というレベルで、
今回は完全にノックアウトされました。

それは、「多牛(たぎゅう)」という焼肉屋さんです。

福岡の自宅の近所にあって、何度か店名を聞いたことがあり
興味を持ったのが始まりでした。


IMG_3580.JPG


まず事前情報として、予約を受け付けない人気店で、
普通に並んで待ったら2−3時間はかかるということを耳にしました。


それならば、ということで肉食系の私は一度一人で行ってみようと、
ある休日の夕方開店時間(17:30)少し前に店まで行ってみたのですが・・・
店の前には黒山の人だかりが出来ていました。

これは順番待ちをしてとてもすぐに入れないだろうと感じた私は、
すぐに踵を返してとぼとぼと家に戻ったのでした。

待っている人達はざっと見積もって恐らく30−40人はいたので、
多分本当に2−3時間くらい待つことになったと思います。

そうなるとやっぱりどうしても入ってみたいものですが、
そう考えていたら「窮すれば通ず」の言葉通りに、
たまたま、多牛によく行くという女子(=多牛攻略の達人)と
知り合うことができ、その方の取り計らいで
今回晴れてお邪魔することが出来ました。


当日のメンバーは私と達人を入れて4名。

そして、多牛の達人からメンバーに前日に届いたメールは、
集合17:20 時間厳守! 遅刻厳禁! 全員揃ってないと入れません
でした。

どうやら、予約を受け付けないというものの、当日の少し早い時間に
受付を始めるようです。

達人はそのタイミングを見計らって受付表に名前を記入にしに来たとのことでした。
なるほど、そういうことだったのか。


そして、17:30の開店と同時に受付表に記入された名前順に呼ばれて
入店するシステムになっています。

ここでまた、人数が全員揃っていないと入店させてもらえない
という厳しい掟があって、いかに早く受付表に名前を書いても
1人時間に遅れた人がいると全員が最後に回されて
そこから長時間待たされる、という仕打ちを受けます。


そういった心配もありましたが、当日は無事に全員揃って
開店時間に入店することが出来ました。


中に入ると・・・なんと、各テーブルに七輪がでんと置いてあり、
通常の焼肉屋さんで見かけるロースターの上まで伸びている
排気口などは皆無

・・ということは、来店客が一斉に肉を焼き始めたら
煙がもうもうになるということか・・・
いや、現代の焼肉屋なのだから、何かからくりがあるのかもしれない。
例えば、七輪自体に排煙機能があるとか、最新鋭の消煙機能が付いていたり
とか・・・などとうだうだ考えることしきり。


IMG_3582.JPG


その割に外観は一般的な七輪でとてもそんな最新機能が付いているようには
見えません。果たしてどうなんだろう・・・・・。


そして、その心配は各テーブルにオーダーされた肉が
デリバリーされて程なく、しっかり現実化しました。

やはりそんな最新機能なんてものは無く、店中に煙が充満して
「視界5メートル」状態になる、ということでした(笑)。


そういえば、達人からの事前連絡で
すぐに洗濯できるような服装で来てください」とありましたが、
まさにこのことでした。


さて、まずはオーダー。

喉も乾いているうえ、焼肉には生ヒール、と相場が決まっていますので
迷いも無くビールをオーダーしましたが、メニューを見ると
意外に酒類は充実していて、ワインなども数種類のボトルが
置いてあるのを発見。

北米のローコストワインが中心でしたが、ワインなど
全く置いていない店も多い中、気が利いていると思います。


肉のオーダーは、上カルビだけは最初のオーダーの時のみ
オーダー可で、かつ一人2皿まで、と決まっています。

上カルビは1皿560円、と激安です。

しかも、上カルビが多分メニューの中で一番高く、他は
ほぼ500円以下の設定で、この値段だけ見ると
そこそこの肉が2〜3枚ちょろっと皿に載って出てくるんだろうな
と思いますよね。

しかし、運ばれてくる肉の量と質は別次元のものです。

こちらのお店は、市場の仕入れの状況に拠って
九州の和牛の中から良いものを選んでおり、
日に拠って佐賀牛だったり宮崎牛だったりするようで、
この日のお肉は鹿児島牛とのことでした。


まずタン。一枚一枚がでかい。


IMG_3585.JPG


IMG_3586.JPG


次に最近メニューに入ったという漬けハラミ

写真を撮り忘れましたが、素晴らしい肉質です。
この他にホルモンを数種類賞味しましたが、かなりのレベルです。


それから、上ロース。これもかなり良いビジュアルですし、美味しいです。

IMG_3587.JPG


IMG_3591.JPG


そして、極めつけは上カルビ

写真は2皿分ですが、見てくださいこの肉質と量感


IMG_3589.JPG


最初のオーダーで、4人の上限である8皿を頼んでいたので、
かなりの量のカルビに囲まれることになりました。

そして、なんとか完食。


食べはじめはご飯が欲しいなと思っていましたが、
とてもご飯まで食べる余裕は無く、生ビールと共に
ひたすら肉とキムチとナムルを口に運びました。

これで、気になる会計は、一人なんと4000円!!!

・・ありえません。
2時間待ちの行列にも納得です。


排気ダクトの設置や店の内装などにはコストをかけない代わりに
お客さんに美味しい肉を気軽に楽しんで欲しい、という
お店のホスピタリティに脱帽でした。


なお、このお店の2階はすき焼きとしゃぶしゃぶが食べられる
別カテゴリーになっており、そちらは2日前までならば
事前予約が出来るそうです。


東京あたりで「名店」といわれる焼肉屋(よく「上カルビ2000円」とか
書いてあります)に行くと、貧乏性の私は無意識のうちに
懐と相談しながら追加オーダーをついつい控えてしまったりする傾向が
あるのですが、今回はそんな抵抗感とは無縁で、
とにかくひたすら高品質の肉を食べ続ける、という経験ができました。

なんという幸せなことでしょう・・・・十分過ぎるくらい堪能させていただきました。


さてさて、17:30スタートでひたすらビールと共に肉を食べ続けても、
せいぜい1時間少々で食べ終わってしまいます。

だいたい煙が充満する室内では、目が痛くって長居は出来ません

ということで、19時前に店から出た我々は、場所を変えてワインを
堪能したのでした。


IMG_3598.JPG


既に生ビールのジョッキを2〜3杯飲んでいて、
皆さんそこそこ酔いも回っていたので4人で2本。

舌に残った焼肉の脂感を泡で流してさっぱりさせてくれるクレマンと、
チャーミングなアロマと優しいタンニンでほっとさせてくれる
Savignyのプルミエを皆さんに楽しんでもらいました。

楽しい夕食でした。



福岡県福岡市博多区博多駅南1-5-3 西園ビル 1F・2F
092-483-0329




 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日一回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 博多・ワインと美食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。