2019年06月15日

DRC, Romanee Saint Vivian 86 を中心としたファインワインを愉しむ会 @綱町


本ブログもなかなか更新できないうちに、気が付けば時代は令和に代わっておりました。

ご無沙汰しております。
この間、爺が何をやっていたかと申しますと、それなりにチャラい道を歩むことなく、
真面目にワイン道を過ごしておりました。

すなわち、昨年から復帰したWSET Diploma受験の世界にどっぷりはまってしまい、
初戦のUnit1はかろうじて通過したものの
その後華々しい成果を挙げることなく鬱鬱とした毎日を送っていたのでした。

爺なんて名のる年齢でのチャレンジはやっぱり浅はかだったかと考えつつも、
不本意ながら、タイトルの「煩悩」とは真逆の方向性に向かっています。。。。。
人生、矛盾に満ち溢れていますね。


そんな中、爺にとっては久しぶりにちょっと背伸びして、アッパーなワインを飲む会
企画・開催しましたので、ご報告などさせていただきます。

勉強に没入するさなか、重い腰を上げて企画したのはDRCを中心とした
ファインワインを愉しむ会です。

場所は、当ブログではおなじみの綱町三井倶楽部
実はこちらの地下セラーには、DRCやボルドーのトップシャトーをはじめとする
お宝ワインがたくさん眠っており、比較的リーズナブルな値段で提供してもらえます。


時代が令和に代わって間もない新緑の5月某日、
ごく少人数の昔からのワイン仲間にお付き合いいただき、
綱町セラー蔵のファインワインを中心に、贅沢な時間を過ごしました。

4バラとドンペリ.JPG
スターターの泡は、夕暮れの庭園でのDom Perignon 2004、
このシャンパーニュには今まで裏切られたことがありません。
今回もまた、素晴らしい味わいでした。
3庭のバラ2.JPG
ちょうど15年、フレッシュな酸とコケティッシュなフルーツの中に、
熟成香が共存するいい状態です。
薔薇が咲き乱れる庭園の夕暮れに最高にマッチした一杯目でした。

5本館.JPG
夕暮れ時の綱町三井倶楽部の本館、
我々は新館の方にいたのですが、本館の方ではある企業のパーティーがあったようで、
西洋人の方々がたくさん来ていました。

1座席配置.JPG
ディナーに合わせたラインナップは、

-Salon 1999,
-Colton Charlemagne GC 2011, Bonneau du Martray
-Montrachet GC 1988, Albert Bichot
-Cote-Rotie 2011, Jean Michel Gerine
-Romanee Saint Vivian 1986, DRC
-Bourgogne Rouge Domaine Leroy 1999
-Chateau d’Yquem 1996

5サロン99.JPG
サロン99を久しぶりに開けました。

リリースされた時に数本買って拙宅の1階でほぼ常温熟成(放置?)させていたものですが、
前回2012年に開けた時に比べてはるかに成熟していて、楽しませてくれました。
抜栓してから時間の経過とともにどんどん開いていくのがわかり、いたく感動しました。

オードブル 鶏胸肉のサラダ仕立てトンナートソース
6前菜.JPG

白いんげん豆のスープ

ここで、3種の極上シャルドネがテーブルに並びます。
サロン99、コルトンシャルルマーニュGC2011、モンラッシェGC1988
このスープには、コルシャルがベストマッチングでした。
7スープ.JPG

長崎産真鯛のポワレ ブールブランソース
バターベースのソースには、予想通りモンラッシェがベストマッチでした。
もともとグランドメニューは別のソースだったのですが、
いつもお世話になっている椎名シニアソムリエと事前に相談させていただき
ワインに合わせてお料理もアレンジしてもらいました。
8魚料理.JPG

アルベールビショーのMontrachet GC 1988も綱町セラーからのものです。
ネゴシアンとして、最近かつての高評価を取り戻しつつある名門の造り手です。
熟成が進み、複雑性に加えて心地よいシェリー香のニュアンスも感じられました。
8モンラッシェ.JPG

仔牛のロースト 赤ワインソース
DRCのRSV(Romanee Saint Viviant )86に行く前に、
肉料理と共に少し若いコートロティ(2011)を合わせましたが、
子牛にはエレガントで華やかなコートロティがとても合いました。
9肉料理.JPG

そして、本日の主役であるRomanee Saint Viviant 1986, DRC

綱町三井倶楽部のスタッフが現地で直接買い付けてきたものだそうで、
なんとボトル裏の輸入者シールには「輸入者:綱町三井倶楽部」との記載。
以来ずっと地下セラーで静かに眠っていたものです。
滅多にDRCなど飲めない私ですが、この日のRSV1986は感動的に素晴らしいものでした。
10DRCRSV86.JPG

複雑で幾重にも重なる果実香と共にキノコやナッツ、レザーなどの
芳しい熟成香が立ち上り、香りだけでも相当なもの。
グラスに顔を近づけてアロマを嗅いだ途端に、”こりゃ凄い!”と感じたほどです。

口に含むと、まだフレッシュな果実も感じながら心地良い酸とよく溶け込んだ絹のようなタンニン
凝縮した完熟果実の完璧なバランスと、出汁感のある深い味わいから続く長過ぎる余韻
脳幹を刺激される感覚がありました。
雑味は皆無、とにかくチャーミングでいて妖艶な色気もあります。
こんな風にワインに対してW色っぽいWと感じたのは初めてです。

今回の企画は、綱町のワインリストの中に記載されていたこのワインを選んだところから
始まったのですが、当日を迎えるまでは期待と共に、
古いものだから壊れていたりピークを過ぎているのでは、と心の片隅でずっと心配していました。

王冠ロマネコンティを取り囲む宝石たち」と例えられる5つのグランクリュ畑の中では、
RSVの畑は「最も繊細で最も早く熟する」と言われているので、もしや・・と。

しかし、そんな事前の心配は見事に裏切られました。
DRCに対するワイン業界からの評価が、十分に納得できる素晴らしいワインでした。

12デザート.JPG
デザートのスイーツは、イケム96と共に。

イケム.JPG

イケムは23年経ってちょうど飲み頃を迎えており、
とがったところが全くない上品な味わいを楽しめました。
それだけでも、デザートと一緒でも、余韻が長いのに
舌の上の甘味はスッと消えていく不思議な感覚を味わえました。
貴腐ワインは普段あまり飲まないのですが、やはり凄いです。

13lineup.JPG

今回は9人で8本、

1. Dom Perignon 2004
2. Salon 1999,
3. Colton Charlemagne GC 2011, Bonneau du Martray
4. Montrachet GC 1988, Albert Bichot
5. Cote-Rotie 2011, Jean Michel Gerine
6. Romanee Saint Vivian 1986, DRC
7. Bourgogne Rouge Domaine Leroy 1999
8. Chateau d’Yquem 1996

倶楽部所蔵ワイン2本(DRCとBichot)の他は拙宅セラーからの供出ワインでした。
ほぼ原価とはいえそれなりのお値段になりますから、
私にとっては清水の舞台どころか屋根の上まで登って飛び降りるくらいの気持ちでしたが、
幸運なことに全てのワインが良い状態で、素晴らしい体験が出来ました。

意外にも、1999年の Domaine Leroy のBourgogne Rouge
かなり良い評価だったことを付け加えます。
ルロワ (1).JPG

また、試しに「澱(おり sediment)」だけになったRSV86のボトルに
ルロワのBourgogne Rougeを注ぎ入れてみて、
それを飲んでみたところ、これがビックリ
Bourgogne Rougeが一瞬にしてRSV(の香り)になってしまいました

DRCの澱恐るべし、です。

DipWSET(U5,U6)の試験を6月中旬に控えた受験生としては
そんなことやってる場合じゃないだろ、と言われそうですが、
美味しいワインを飲むのも勉強の一環、と必死に言い訳をしつつ、
今回ワインの勉強に対するモチベーションを大いに上げることができました。

また、しばらく頑張れそうです。
「煩悩」はいったいどこへ行っちゃったのやら・・笑



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村



posted by 煩悩爺 at 21:31| Comment(0) | ワイン会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

初夏の庭園でシャンパーニュを楽しんだりするワイン会2017@綱町三井倶楽部


<久々に更新しました!>

決して「夜逃げ」したとか「大病を患って」病床にいる、
というような事情もありませんが、当ブログの更新がなかなかできておりません。

ここ1−2年ほど、更新が途切れがちなので
ご心配頂いている方がもしいらっしゃったら恐縮ですが、
爺はそこそこ元気に毎晩飲んだくれて、酔いつぶれております(笑)。
(単にものぐさなだけです・・)

SNS全盛のスピード感の要求されるこの時代に、ここまで更新の少ない
脱力系のブログを続けているのもやや勇気がいるのですが、
自分の老後の楽しみの意味も含めた備忘録としての存在感も有ろうかと思っています。

ということで、引き続き爺の戯言に付き合っていただければ幸いです。

IMG_0700 (2).JPG


さて今年2017年、関東は大した雨も降らないうちに梅雨明けしてしまいましたが、
ちょうど6月頭、梅雨入りした直後に綱町三井倶楽部
初夏の庭園でシャンパーニュを楽しんだりするワイン会2017
という会を主宰しました。


こちらの会場は何度も当ブログでご紹介しており、
食事も美味しくサービスも最高なので、
ワイン会の舞台としては、非日常感を味わえる素晴らしい場所の一つです。


IMG_0548.JPG

IMG_0519.JPG

数年前にやはり同じ時期に同趣旨の会をやったのが
印象に残っておりまして、単純に一年で最も日が長い時期に
夕暮れの庭園でまた仲間と泡(シャンパーニュ)を飲みたいな、
という衝動に駆られて企画しました。

当日、予報では終日雨となっていましたが、
私の相変わらずの「スーパー晴れ男」パワーで
見事に晴らしてみました(笑)

            <雨の予報に反して、この快晴度合はビックリです>
             しかも、日が長いので18時でも、この明るさです。
IMG_0520.JPG


            <暮れなずんで電灯が点き始める本館>
             これが18:40くらいです
IMG_0582.JPG


以前はこちらでワイン会を催す時はBB&RのMWに
ワインセレクトをお願いしたりしていましたが、
ここ数回は当館のシニアソムリエのS氏と私で
料理と照らし合わせてワインを選ぶようにしています。

お料理の写真があまり撮れてないのですが、
料理とワインのマリアージュは以下の通りでした。


1.(庭園にて) シャンパーニュ ブランドブラン NV
 Domanine Guy Larmandier, Champagne Grand Cru Cramant Blanc de Blancs Brut

初夏の汗ばむ気候では、やはりブランドブランのすっきりした味わいが
合うかと思い、クラマン村のGC、ギィ・ラルマンディエをセレクトしました。


2.食事スタート(野菜のパルフェー) シャンパーニュ ブレンド NV
 Phal B. de Beaufort, Grand Cru Extra Brut

野菜の甘味が感じられるパルフェ(パフェ)には、
少し辛口のシャンパーニュを合わせてみました。
このドメーヌはクリュッグに納入しているブドウ農家で、
2009年から自社でもシャンパーニュ造りを始めた秀逸な造り手です。
このドメーヌには昨秋訪問してきました。


3.白1(ビシソワースに合わせて) マコン・シャルドネ ドメーヌ・ボワイヨ 2015
 2015 Macon-Chardonnay, Le Berceau, Jean Marc Boillot

シャルドネの起源と言われている「シャルドネ村」のベルソー(”ゆりかご”の意)という畑のものです。
まさに、これぞシャルドネ、という味わいです。
名門のボワイヨが最近入手した畑とのことで、日本輸入の初ビンテージです。

IMG_0683-2.JPG


4.白2 (魚介の煮込みに合わせて) トスカーナ・ベルメンティーノ 2012
 2012 VERMENTINO, BIBI GRAETZ, IGT Toscana

アクアパッツァ(魚介の煮込み)には中部イタリア・トスカーナの誇るミネラリーなワイン
「ベルメンティーノ」を合わせてみました。


5.赤1 (カナール/鴨のローストに合わせて) シャンボールミュジニ 村名 2014
 2014 Domanine Sigor, Chambolle Musigny

フレンチの王道「鴨のロースト」には、
シャンポールミュジニー村で秀逸なワインを造る女性醸造家の作品を。
このドメーヌにも、昨秋訪問してきました。

IMG_0717-2.JPG


6.赤2 (鴨からチーズに合わせて) バローロ 7つのクリュのブレンド
 2012 Barolo, Paolo Scavino DOCG

食事の余韻に浸りつつ、モダンバローロの旗手、
パオロ・スカヴィーノの造る逸品バローロと
チーズ盛り合わせを楽しんでいただきました。

IMG_0730-2.JPG


7.デザート シェリー モスカテル 極甘口
 Emilio Lustau Moscatel Emilin Solera Reserva

デザートに合わせると、極甘口のシェリーは絶妙です。

IMG_0755-2.JPG

食事の後は、「東洋一」と呼ばれるワインセラーを見学させてもらったり、
歴史的建造物の本館の中で、記念撮影などしてからお開きとしました。

            <圧巻のワインセラー>
IMG_0797.JPG

            <宴はお開きになり、ゲスト退館>

IMG_0835.JPG


            <本館のメインロビー>
            結婚式の際には新郎新婦がこの階段から降りてきます>
IMG_0839.JPG


こうして、約40名のゲストと共に、非日常な夜を過ごすことができました。
たまに着飾って美味しいものとファインワインを楽しむと
明日への活力が沸いてきます。

なお、今回のワイン手配においては、元BB&R日本代表の清水氏が
独立して立ち上げたワイン商「インテグリティ」から3種類ほどワインを
手配させていただきました。

いずれも、昨年11月のブルゴーニュ出張に同行させてもらった時に訪問した
ドメーヌのものです。

2.Phal B. de Beaufort, Grand Cru Extra Brut
3.2015 Macon-Chardonnay, Le Berceau, Jean Marc Boillot
5.2014 Domanine Sigor, Chambolle Musigny


どれも素晴らしいワインですので、
ご興味ある方は是非インテグリティのウェブサイトをチェックしてみてください。



 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が良かったな、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。1日1回押すだけで1票入ります。宜しくお願いします。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村

posted by 煩悩爺 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

MWセレクトの極上ワイン会@綱町三井倶楽部


MW(マスターオブワイン)セレクトのワインと伝統的フレンチのマリアージュの妙

もう1ヶ月ほど前の話になってしまいましたが、
しばらくぶりに綱町三井倶楽部でワイン会を開催しました。 

a_MG_0019.jpg

前回は昨年の初夏だったので、あっという間に1年半ほど経っていました。 

こちらは、三田のイタリア大使館の前に位置する、かつての
三井財閥が大正時代に迎賓館として建造した施設で、
いまだに広大な日本庭園を持ち、都会のど真ん中の別世界です。 

今年は夏から秋にかけて、今年のJSA試験組の人たちと一緒に
テイスティングの練習会をやっていたので、お互い試験の後に
お疲れ様会をやりましょう、という話になったのが今回の企画の
始まりでした。 

それでは、ただ何となく開催するのもつまらないと思ったので、
先日知り合ったBB&Rロンドン本社のマスターオブワイン(MW)に
ワインのセレクトのアドバイスをお願いできないかと考え、
BB&R日本支社を通して相談したところ、本当にアドバイスを
いただくことが出来ました。 

ワイン選定についての経緯は以下の通りです。 

@ メニューについて、内容詳細(食材・使用している調味料や
 ソースのベース)を綱町三井倶楽部のシニアソムリエS氏に
 確認してもらい、まずS氏と私で料理各皿に合わせたワインに
 ついての基本品種・産地のだいたいの方向性を打ち合わせて決定 

A メニュー内容詳細を私が英訳して、S氏と決めた品種・産地の
 アイデアと共にBB&R日本支店に打診。 

B BB&R日本支店で、リクエストの範囲に入るワインで在庫が
 あるものを数種類ずつピックアップして、メニューの英文詳細と共に
 在ロンドンのマーク・パードゥMW、サイモン・フィールドMW両氏
 送付して、セレクトを依頼。 

C サイモン・フィールドMWから最終セレクトの返信があって最終決定。 

このようなプロセスを経て、料理に合わせたワインが決定したので、
早く味わってみたくて当日が楽しみでした。 

a_MG_0001.jpg

当日集まっていただいたのは、私のワイン関連の取り合いばかり30数名。

いつもワインをご一緒する友人たちに、計画を話したところ、あっという間に
30人以上の参加希望者が集まってしまい、あまり話しを広げられませんでした(汗)。 

料理とワインの組み合わせは以下のようなものでした。 

1.Welcome and Starter Champagne 
 Champagne R&L Legras, Blanc de Blancs
 

・サイモン・フィールドMW推奨で、先日エペルネ訪問の際にもお世話になった
メゾンのものです。
すっきりとしていながら芯が強く、アペリティフとしても楽しめるうえに
一皿目の「脂ののったカツオ」にも合いました。 


2.戻りガツオのカルパッチョ
  
 Champagne R&L Legras, Blanc de Blancs と共に
  
 2011 Berrys' Meursault, Guyot-Javillier
 
・BB&Rのムルソーはしっかりしたボディを持ちつつ、合わせられる料理も
非常に幅が広い秀逸なワインだと思います。
この組み合わせも、その上品な樽のニュアンスが、カルパッチョにかかっている
ソースに含まれるガーリックの香りと素晴らしいマリアージュです。 

a_MG_0089.jpg

3.人参のオレンジ風味ポタージュ 
 2009 Puligny Montrachet, Les Chalumeaux 1er Cru, 
 Maison Roche de Bellene

・若々しいピュリニの柑橘系のアロマが、ポタージュスープのオレンジの香りと
絶妙にマッチしていました。 

a_MG_0094.jpg

.クラブケーキ 
 2008 Pommard, Clos des Epéneaux, 1er Cru, 
 Domaine Comte Arman
 
・ここで、魚貝なのですが赤が出てきます。
コントアルマンのクロデゼプノーは、男性的と評されることが多いポマールにしては、
とてもエレガントなワインで、コロモの部分のカリッとした食感とベシャメルソースに
とても合っていました。  

a_RIMG0025.jpg

5.仔牛ヒレ肉のソテー ザンガラ風 
 Rhône 2007 St Joseph Rouge, Le Paradis St Pierre, 
 Domaine Coursodon 

・今回、牛ヒレのソテーに合わせたのは、北ローヌ・サンジョセフのシラー。
この作り手のクルソドンも、サイモン・フィールドMW推奨で、シラーのイメージが
覆るようなエレガントなワインでした。
ソースのベースであるマデイラ酒の香りとシラーのややスパイシーなアロマが
絶妙なコンビネーションでした。この組み合わせも素晴らしかったです。
(写真を撮り忘れました・・) 


6. デザート盛り合わせ 
 1996 Ch. Guiraud, Sauternes

・素晴らしい貴腐ワインは日ごろの疲れを癒してくれます。
ディナーの締めくくりは、デザートと極上の貴腐でした。 

a_MG_0234.jpg

以上、食事もワインもとても楽しむことが出来ました。 
ワインセレクトは、”みごと!”といったところでした。

a_MG_0260.jpg

さすが、世界で僅か300人しかいないワイン業界の最高峰MWの実力を
あらためて体感することが出来ました。

いつの日か、私自身もこうやって皆を唸らせるような素晴らしいワインを
すらすらと選べるようになりたいものです。

研鑽あるのみですね・・。


 ※ブログランキングに参加しています。
  この記事が役に立った、と思ったら
  下のバナーを”ポチッ”と押していただけると
  嬉しいです。押すだけで1票入ります。

   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

  にほんブログ村


posted by 煩悩爺 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。